ページ: 1 2 ()
【通不定期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,】
理科の四つの柱(エネルギー・粒子・生命・地球)のうち、本講義では生命、地球について、実習、講義を行います。実験実技やその背景となる知識と共に、小・中学校の連結、先端技術や生活との結びつきについても学び、CSTとして活躍する教員に必要となる発展的な教科教育力の習得を図ります。
【通不定期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,】
理科教育に用いる教材を新規に開発する「教材開発」について学びます。専門分野の知識を活用し、教科・単元内容をより分かりやすく教えることのできる教材(専門教材)や、地域の特性を活用した教材(地域教材)を作成する際の考え方について事例研究を通して学び、実際に教材開発、指導案作成を行います。
【通不定期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,】
理科の四つの柱(エネルギー・粒子・生命・地球)のうち、本講義ではエネルギー、粒子について、実習、講義を行います。実験実技やその背景となる知識と共に、小・中学校の連結、先端技術や生活との結びつきについても学び、CSTとして活躍する教員に必要となる発展的な教科教育力の習得を図ります。
【通不定期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,4単位,】
先端研究の意義や面白さを児童・生徒に伝えることを目指して、特別研究課題(修士テーマ)に即した理科自由研究を実施します。具体的には、特別研究課題の内容や意義、面白さを児童・生徒に伝えることができ、かつ、児童・生徒でも実施可能な水準の研究を実施し、研究レポートを作成、提出します。具体的な研究課題の設定や研究方法については個別に相談します。
【通不定期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,】
CSTとして活躍するための基礎的な素養を講義・実習を通して学びます。安全管理や理科室整備など理科実験全般に通底する基礎的な実験実技、学校教育における組織貢献力の学習など、学校の理科を支えるために必要となる基礎的な素養の習得を図ります。さらに、理科自由研究の指導・助言、教員研修の開催運営など、CSTとして地域の理科を支えるために必要となる発展的・専門的な指導力について学びます。
【前集中,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,】
サブコース3 「創成-在るから成るへ」 ”Evolution in Natural Science - From Being to Becoming”
自然界には多様な形をした物質や生物が存在し、時間とともに変化します。その形(構造、集合体)の実体とその変化が何を意味するかについて、数学・物理学・化学・生物学・情報学などの理学的な学問が解き明かしてくれます。本講義では、様々なものが創成される時のサイエンスを、理学部の教員がオムニバス形式でそれぞれの研究分野の視点から英語で解説します。さらに、各専門分野での最新トピックスについても、わかりやすく紹介します。
Nature is filled with structurally diverse substances and living creatures, which are altered in a time-dependent manner. The physical nature of form (structure or assembly) and its change are figured out by the sciences, especially mathematics, physics, chemistry, biology and information science. The lectures examine and explain the evolution in natural science, and are given in English by teaching staff in the Faculty of Science. Each lecturer will present, in simple terms, the latest areas of interest in their own field of expertise. This will ensure an overall comprehensive approach.
【前集中,Ⅰ~Ⅲ,博士課程共通,2単位,】
This course is given by five teachers and takes the gender problems from various viewpoints. Gender, distinguished from sex, is now emerging as very important agenda in many disciplines such as economics, psychology, social philosophy, law, political sciences and so on. Especially, in a globalizing era of today, gender problems haves become transnational and global phenomena that requires to be analyzed through novel approaches. You will understand that gender is a core factor that constitutes our societies and that we cannot understand today's and future world without keeping an eye open to gender problems
【前集中,Ⅰ~Ⅲ,博士課程共通,2単位,】
Three years have passed since Japanese Cuisine and the Food Culture were assigned to be the UNESCO Intangible World Heritage. What is expected to Japanese Food Culture now in this globalized world? Which way the Japanese Cuisine should go, diversification to adapt to food globalization, or strictly maintaining the tradition? In this course, through studying the history of Japanese Food Culture, nutrition facts of modern Japanese, basic styles of Japanese cuisine, and comparative studies with the Islam world, in addition to visiting the world biggest wholesale market in Tsukiji, students will develop their idea about Japanese Food Culture and discuss the significance of national food culture for everyone.
【通不定期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,】
この実習科目は、専攻・学年を問わず開発途上国の社会・経済・政治にかかわる問題や国際協力に関心を有する学生(学部・大学院博士前期課程)が、途上国における研究・実践の実績を有する教員の指導の下で事前学習と現地調査(約1週間)を実施し、都市と農村の貧困、ジェンダー、教育、健康等に関する主題について講義・文献だけでは得ることのできない知識や経験を得ることを目的として実施する。実習を通じて、フィールド調査の技法を習得すること、及び、グローバル社会における共生のあり方について考察を深めることを目指す。
具体的には、本実習への参加を通じて、学生は以下のことを実行し出来るようになる。
1)訪問国の一般的な政治・社会・経済の現状を理解する。
2)各人が選択した特定の課題(教育、保健、ジェンダー、生計向上など)について、観察と文献調査によって得られた情報を批判的に分析し、報告書としてまとめる。
3)現地調査の結果・考察をグループで簡潔にまとめて発表する。

現地調査は、現地の大学、国連機関、政府援助機関やNGOの他、保健施設、学校、住民組織等への訪問、見学、講義と聞き取り調査や住民や若者との意見交換等からなる。また、調査計画・報告のとりまとめにおいては、参加学生が協力して調査計画や結果プレゼンテーションを取りまとめ、学部・学年横断的に共同作業を行う。
現地調査での体験や学びは、各自の関心に応じたさらなる学習・研究や国際協力の実践活動(インターンシップ、ボランティア)、長期的な海外留学、さらには国際協力に関わるキャリア形成のきっかけとなることが期待される。
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,C,2単位,火曜日 3- 4】
In this class you learn to express your opinion and ideas in fluent English. We discuss social topics.
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,B,2単位,木曜日 3- 4】
Learn English through Pop Songs. We listen to famous songs from the 50s to the 80s.
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,B,2単位,木曜日 3- 4】
Learn English through Pop Songs. We listen to famous songs from the 50s to the 80s.
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,B,2単位,水曜日 5- 6】
Learning English through Movies. In this class we discuss and watch popular movies.
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,B,2単位,水曜日 5- 6】
Learning English through Movies. In this class we discuss and watch popular movies.
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,水曜日 5- 6】
To provide the intellectual tools and practical skills necessay for professional international commmunication, with a particular emphasis on presentations to report on research and on foreign cultures
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,水曜日 7- 8】
リスニングとライティングを中心に、ビジネスの世界で必要とされる英語の運用力を養成する。リスニングでは、さまざまなビジネスシーンや話題を取り扱った実用的な会話を聞いて、ビジネス英語特有の表現や語彙を身につけ、ライティングでは、ビジネスレター・電子メール・社内メモ等で用いられる文体や形式などの基礎知識を養う。また、授業で学習したことに基づき、実際にプレゼンテーションまたはディスカッションも行う予定。
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,博士課程共通,2単位,水曜日 7- 8】
リスニングとライティングを中心に、ビジネスの世界で必要とされる英語の運用力を養成する。リスニングでは、さまざまなビジネスシーンや話題を取り扱った実用的な会話を聞いて、ビジネス英語特有の表現や語彙を身につけ、ライティングでは、ビジネスレター・電子メール・社内メモ等で用いられる文体や形式などの基礎知識を養う。また、授業で学習したことに基づき、会話練習も行う予定。
ページ: 1 2 ()