ページ: 1 2 3 4 ()
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,月曜日 7- 8】
授業の到達目標:生活工学分野の内容を理解する。
生活工学的にそれぞれの課題を検討するための思考方法と研究手法を学ぶ。
授業の概要:生活工学に関わる工学および家政学分野の学問領域の有機的な統合をはかり、広い視野にたち、人間生活における諸問題について検討する。
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,月曜日 5- 6】
授業の到達目標:工学技術の発展における生活工学の流れ・意義を理解するとともに、生活工学の各分野における諸課題を学ぶ。
授業の概要:各教員によるオムニバス形式講義とする。
【未定,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:生活工学分野において重要となる数学的手法に関し理解する。また、自ら駆使できるスキルを身につける。
授業の概要:最適化手法,数値計算手法(数値微積分・微分方程式),データ補間法,変分法,線形計画法,実験計画法などについて学ぶ 。
【未定,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:生活工学の研究に必要な物理化学事項を習得する。
授業の概要:熱力学と反応速度論より、特に研究を進める上で必須の事項に絞り、講義を行う。
【前集中,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:
人間や環境の状態を評価するための、計測機器の仕組みやデータ分析手法の基礎を習得する。
授業の概要:
人間や環境の状態を知り、また、それに応じた知的な振る舞いを生成するためには、各種センサによる情報の計測と分析が必須である。本講義では、異分野出身者や初心者が、計測機器の仕組み、使い方からデータ取得・分析までの基礎を、短期間で効率よく身につけることができる。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,水曜日 3- 4】
授業の到達目標:材料の構造解析に用いられる固体NMR、ラマンマイクロスコープ、走査型電子顕微鏡(SEM)の基本的な原理とデータの解析方法を理解する。
授業の概要:素材の性能・性質はその分子構造に起因する部分が極めて大きい。このため、生活の中で快適に使用するためには詳細な分子構造を知る必要がある。このため、固体NMR、ラマンマイクロスコープ、走査型電子顕微鏡(SEM)等の原理および得られたデータの解析方法を学ぶ。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【前集中,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:大学や企業で行われている生活工学関連分野の概要を理解する。
        生活工学的な観点から新たな課題を発見し、研究として取り組む能力を身につける。
授業の概要:生活工学に関わる幅広い周辺領域の研究テーマについて、大学や企業等の第一線で活躍してる方々から直接話を伺って理解を深める。
【後集中,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:各教員の研究分野において、大学や企業、研究機関にて行われている生活工学分野の研究内容を理解する。また、それぞれの分野における生活工学的な課題を解決する研究手法を学ぶ。
授業の概要:生活工学に関わる最新の話題に関し、担当教員が講義するとともに、大学や企業、研究機関等の研究者等による研究事例紹介を行う。
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,水曜日 7- 8】
授業の到達目標:生活工学分野の研究者にとっての倫理の必要性および重要性を理解し、研究者倫理の基本的な考え方を学ぶ。
授業の概要:専門的な知識や技能と同様に、倫理は専門職としての研究者にとって不可欠な基盤の一つである。本講義では、具体的な事例を交えながら、生活工学分野の研究者として研究活動を行う上で必要な研究者倫理の基礎を学ぶ。研究者倫理を担う一人の研究者として主体的に倫理に取り組むための土台作りをする。
【後集中,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【前集中,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:企業の知的財産を担当した場合に、取得すべき権利の選択等、知的財産を活用できるための基本的な制度理解を得ること。
授業の概要:特許、実用新案、意匠、商標、著作権の制度について、簡単な事例を通して基本的知識について理解する(主に特許についての制度の基礎的な講義をし、その他の制度についても制度の概要。)

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,1単位,火曜日 7- 8】
・イノベーション創出に欠かせない知的財産マネジメントの基本的な考え方を理解する。
・生活工学分野の研究成果と知的財産権の関連について理解する。
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,金曜日 3- 4】
授業の到達目標:繊維材料等の高分子の基本的な構造を理解し、繊維の高次構造を測定する方法を理解する。
授業の概要:繊維はほとんど全て高分子材料であり、繊維材料の性質は、高分子中の結晶、非晶ならびにその中間領域の構造に大きく依存する。高分子・繊維の構造について概説し、固体高分解能NMRにより求まる化学シフトならびに緩和時間の変化の情報をもとに、高分子・繊維の構造と物性との関連について講述する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,木曜日 5- 6】
授業の到達目標:繊維・高分子材料の高次構造に関する論文を理解する力を養成する。
授業の概要:繊維・高分子材料の構造に関連する内外の研究論文を講読し、その内容について議論、討論を行い、より深く繊維・高分子材料の構造を理解する。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,木曜日 1- 2】
授業の到達目標:
 繊維表面分析論で学ぶ様々な繊維素材の性質と表面構造について実践的な最適手法について検討し、総合的に繊維の特性を深く理解する。
授業の概要:現代生活において、被服をはじめとして多種に渡る種類の繊維素材が存在し活用されている。そこでより繊維素材を理解するために、繊維素材表面の微細形状、官能基の分布状態等について物理的および化学構造論の立場から講述する。繊維素材表面の特性および汚染等の表面の状態を検討、考察した上で代表的な繊維素材の表面を評価できる様々な分析手法の原理を学び、汎用繊維から機能性繊維に対して表面に関するための最適手法について検討する。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,木曜日 1- 2】
授業の到達目標:
近年の文献より様々な種類の生活環境に関する繊維素材についての知識を得た上で表面分析手法によって得られる情報について理解し解析する能力を養う。有用な文献の見つけ方および読解能力を養成する。
授業の概要: 繊維素材に関して表面分析法を扱った近年の文献を講読し、その繊維表面構造と機能について理解を深め、その新規性や有用性および発展性に関して検討し、ディスカッションする。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,月曜日 3- 4】
授業の到達目標:
高分子の諸物性と、繊維材料・生体材料の諸特性の関連性を理解する。
授業の概要:
生活をとりまく様々な合成由来・天然由来の繊維材料の諸物性について概説する。また繊維材料の諸物性とそれらの用途との関連性について、近年の機能性繊維材料の紹介を交え講述する。



本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【後学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,月曜日 3- 4】
授業の到達目標:
文献読解力を高めるとともに、生活をとりまく近年の繊維材料の物性について深く理解する。
授業の概要:
近年の衣環境関連材料に関する学術論文を講読する。各分野の背景・現状を把握した上で、各繊維材料の新規性、有用性や発展性、また新たに解明された繊維物性や機能について客観的に評価し討論することで、理解を深める。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【前学期,Ⅰ~Ⅱ,生活工学,2単位,金曜日 3- 4】
授業の到達目標:生活に関わる材料の基礎的な性質を理解する。
授業の概要:生活に関わる材料である、高分子材料、金属材料、セラミック材料などについて、それぞれの材料に特徴的な性質を理解する。また、材料の環境に与える影響を、製造,リサイクル,エネルギーの観点から考察した後に、燃料電池,分離機能材料,生分解性材料など、環境調和を意識した新しい材料の化学をトピック的に学ぶ。
ページ: 1 2 3 4 ()