【通年,1~4年,全学科,4単位,,共3-104【2講】】スペイン初級文法を一年かけて学びます。

教科書は 『文法からいくスペイン語』 (川口正通著/朝日出版社)を使います。
このテキストをもちいて、直説法現在、直説法線過去、直説法点過去、直説法現在完了・過去完了、直説法未来・未来完了、接続法現在、接続法現在完了、など、現代スペイン語を理解するうえで必要な時制を学び、再帰動詞の用法や命令文などの最重要な文法事項を学習します。また適宜、西文和訳や和文西訳の練習をします。この授業で一年間丁寧にスペイン語を勉強すれば、それ以降は、辞書を片手に、いろいろな文章を読解する力はじゅうぶんにつくと思います。

成績評価は、授業の開始時に実施する小試験をもとにおこないます。このテストはその前の授業にかんする復習テストです。授業に際しては予習する必要はありません。講義で学んだことを、その後しっかり復習し、テストに臨んでいただくことで、知識の定着をはかりたいと思います。

参加人数はいちおう35名を上限としようと思います。これを大幅に超えた場合には、何らかのかたちで選抜するかもしれません。ご理解ください。
【通年,1~4年,全学科,4単位,,共3-105【1講】】前半は、白水社のItaliano piu attivo!という、使える会話表現満載で、さらにストーリー性のあるテキストをベースに、一気にイタリア語の体系を理解しながら、コミュニケーション重視で、臆せず発話できるようにしていきます。テキストのほとんどすべての部分に音源があり、スマホでもアクセスできるので、講義のみならず、移動中、自宅でもイタリア語学習をキープできます。最初の講義から、とにかくイタリア語を話すことで、イタリア語の音やリズムに慣れることが大事と考えています。その後、イタリア語の発音のしくみや発声のコツを音声学的に説明しますので、全員が美しいイタリア語を話せるようにしましょう。また、手製のオリジナル文法mappaを配りますので、常に参照し、自分が今イタリア語の文法地図の中のどの辺を学び、あとどれくらいで完走できるかわかるかと思います。テキストにはたくさんの練習問題もあり、適宜一緒にやっていきますが、こちらも音源があるので、一度解答を考えて、音源で確認して、そして書き起こすことで、より身につくはずです。時にテキストを離れ、オペラや今はやっているイタリアンポップス、ネットニュースなどをたくさん取り上げ、イタリアという国の魅力も存分に味わってもらいたいと思っています。
後半は、テキストの内容を適宜復習しながら、今まで学んだイタリア語の知識を総動員して、新聞、雑誌記事、オペラ、映画などの生きた教材を用いて、さらに応用力を身につけましょう。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館401室】ペルシア語は現在のイラン、アフガニスタン、タジキスタンの公用語(アフガニスタンではダリー語、タジキスタンではタジク語と呼称)であるとともに、周辺地域にも多数の話者が存在する言語です。
歴史的には現在のイランを中心とする中東・西アジア地域に限らず、中央アジアや南アジアにおける公用語・文化用語として広域的に用いられた言語です。ペルシア語はアラビア文字を使用するものの、言語系統としては英語などと同じインド・ヨーロッパ系の言語であるため、アラビア語とは文法構造が大きく異なります。ただ、アラビア語の語彙を豊富に含むこと、あるいは中央アジアや南アジアの諸言語にはペルシア語の語彙や表現が多数流入していることから、様々な他言語の理解にもつながります。
本授業ではペルシア語の文字(アラビア文字を使用)を習得するとともに、その基礎文法を学ぶことを通じて、平易な文章を読解し、簡単な会話ができる能力を身につけます。
初級段階ではかなり早く言語習得が可能な文法構造が比較的平易な言語ですので、一年間学べば簡単な会話は可能になります。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館401室】ペルシア語は現在のイラン、アフガニスタン、タジキスタンの公用語(アフガニスタンではダリー語、タジキスタンではタジク語と呼称)であるとともに、周辺地域にも多数の話者が存在する言語です。
歴史的には現在のイランを中心とする中東・西アジア地域に限らず、中央アジアや南アジアにおける公用語・文化用語として広域的に用いられた言語です。ペルシア語はアラビア文字を使用するものの、言語系統としては英語などと同じインド・ヨーロッパ系の言語であるため、アラビア語とは文法構造が大きく異なります。ただ、アラビア語の語彙を豊富に含むこと、あるいは中央アジアや南アジアの諸言語にはペルシア語の語彙や表現が多数流入していることから、様々な他言語の理解にもつながります。
この授業では、前期の現代アジア諸語Ⅲに引き続きペルシア語基礎文法と表現を学ぶことを通じて、より発展的な文章読解能力と会話力を身につけることを目標とします。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共3-104【2講】】スペイン初級文法を一年かけて学びます。

教科書は 『文法からいくスペイン語』 (川口正通著/朝日出版社)を使います。
このテキストをもちいて、直説法現在、直説法線過去、直説法点過去、直説法現在完了・過去完了、直説法未来・未来完了、接続法現在、接続法現在完了、など、現代スペイン語を理解するうえで必要な時制を学び、再帰動詞の用法や命令文などの最重要な文法事項を学習します。また適宜、西文和訳や和文西訳の練習をします。この授業で一年間丁寧にスペイン語を勉強すれば、それ以降は、辞書を片手に、いろいろな文章を読解する力はじゅうぶんにつくと思います。

成績評価は、授業の開始時に実施する小試験をもとにおこないます。このテストはその前の授業にかんする復習テストです。授業に際しては予習する必要はありません。講義で学んだことを、その後しっかり復習し、テストに臨んでいただくことで、知識の定着をはかりたいと思います。

参加人数はいちおう35名を上限としようと思います。これを大幅に超えた場合には、何らかのかたちで選抜するかもしれません。ご理解ください。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共3-104【2講】】スペイン初級文法を一年かけて学びます。

教科書は 『文法からいくスペイン語』 (川口正通著/朝日出版社)を使います。
このテキストをもちいて、直説法現在、直説法線過去、直説法点過去、直説法現在完了・過去完了、直説法未来・未来完了、接続法現在、接続法現在完了、など、現代スペイン語を理解するうえで必要な時制を学び、再帰動詞の用法や命令文などの最重要な文法事項を学習します。また適宜、西文和訳や和文西訳の練習をします。この授業で一年間丁寧にスペイン語を勉強すれば、それ以降は、辞書を片手に、いろいろな文章を読解する力はじゅうぶんにつくと思います。

成績評価は、授業の開始時に実施する小試験をもとにおこないます。このテストはその前の授業にかんする復習テストです。授業に際しては予習する必要はありません。講義で学んだことを、その後しっかり復習し、テストに臨んでいただくことで、知識の定着をはかりたいと思います。

参加人数はいちおう35名を上限としようと思います。これを大幅に超えた場合には、何らかのかたちで選抜するかもしれません。ご理解ください。
【1学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】この授業はスペイン語の初級会話である。
会話の練習を通して、文法とその機能についての内容を体系化し、生徒の理解を強化する。また、授業を通して学んだことを、それぞれの生徒が活用し表現できるようにすることを目指す。
その他に文法、単語のレベルをDELE A1まで引き上げていく。
【2学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】この授業はスペイン語の初級会話である。
会話の練習を通して、文法とその機能についての内容を体系化し、生徒の理解を強化する。また、授業を通して学んだことを、それぞれの生徒が活用し表現できるようにすることを目指す。
その他に文法、単語のレベルをDELE A1まで引き上げていく。
【3学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】前期と同様、会話の練習を継続しよりレベルの高い語学力を身に着ける。
この授業の目的は、DELEのA2レベル程度のスペイン語力を身に着けることである。
【4学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】前期と同様、会話の練習を継続しよりレベルの高い語学力を身に着ける。
この授業の目的は、DELEのA2レベル程度のスペイン語力を身に着けることである。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共3-105【1講】】前半は、白水社のItaliano piu attivo!という、使える会話表現満載で、さらにストーリー性のあるテキストをベースに、一気にイタリア語の体系を理解しながら、コミュニケーション重視で、臆せず発話できるようにしていきます。テキストのほとんどすべての部分に音源があり、スマホでもアクセスできるので、講義のみならず、移動中、自宅でもイタリア語学習をキープできます。最初の講義から、とにかくイタリア語を話すことで、イタリア語の音やリズムに慣れることが大事と考えています。その後、イタリア語の発音のしくみや発声のコツを音声学的に説明しますので、全員が美しいイタリア語を話せるようにしましょう。また、手製のオリジナル文法mappaを配りますので、常に参照し、自分が今イタリア語の文法地図の中のどの辺を学び、あとどれくらいで完走できるかわかるかと思います。テキストにはたくさんの練習問題もあり、適宜一緒にやっていきますが、こちらも音源があるので、一度解答を考えて、音源で確認して、そして書き起こすことで、より身につくはずです。時にテキストを離れ、オペラや今はやっているイタリアンポップス、ネットニュースなどをたくさん取り上げ、イタリアという国の魅力も存分に味わってもらいたいと思っています。
後半は、テキストの内容を適宜復習しながら、今まで学んだイタリア語の知識を総動員して、新聞、雑誌記事、オペラ、映画などの生きた教材を用いて、さらに応用力を身につけましょう。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共3-105【1講】】前半は、白水社のItaliano piu attivo!という、使える会話表現満載で、さらにストーリー性のあるテキストをベースに、一気にイタリア語の体系を理解しながら、コミュニケーション重視で、臆せず発話できるようにしていきます。テキストのほとんどすべての部分に音源があり、スマホでもアクセスできるので、講義のみならず、移動中、自宅でもイタリア語学習をキープできます。最初の講義から、とにかくイタリア語を話すことで、イタリア語の音やリズムに慣れることが大事と考えています。その後、イタリア語の発音のしくみや発声のコツを音声学的に説明しますので、全員が美しいイタリア語を話せるようにしましょう。また、手製のオリジナル文法mappaを配りますので、常に参照し、自分が今イタリア語の文法地図の中のどの辺を学び、あとどれくらいで完走できるかわかるかと思います。テキストにはたくさんの練習問題もあり、適宜一緒にやっていきますが、こちらも音源があるので、一度解答を考えて、音源で確認して、そして書き起こすことで、より身につくはずです。時にテキストを離れ、オペラや今はやっているイタリアンポップス、ネットニュースなどをたくさん取り上げ、イタリアという国の魅力も存分に味わってもらいたいと思っています。
後半は、テキストの内容を適宜復習しながら、今まで学んだイタリア語の知識を総動員して、新聞、雑誌記事、オペラ、映画などの生きた教材を用いて、さらに応用力を身につけましょう。
【1学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about English vocabulary and expressions used in a variety of business situations. Students should also learn how to write business correspondence. Students are encouraged to speak in English by actively participating in pair work or group discussions.
【2学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about English vocabulary and expressions used in a variety of business situations. Students should also learn how to write business correspondence. Students are encouraged to speak in English by actively participating in pair work or group discussions.
【3学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about English vocabulary and expressions used in a variety of business situations. Students should also learn how to write business correspondence. Students are encouraged to speak in English by actively participating in pair work or group discussions.
【4学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about English vocabulary and expressions used in a variety of business situations. Students should also learn how to write business correspondence. Students are encouraged to speak in English by actively participating in pair work or group discussions.
【1学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about current news in English. The topics to be featured in the class will range from domestic to international ones. Students are expected to actively participate in pair work or group discussions as well as present their opinions based on what they have researched in advance. Through this class, students will learn English vocabulary and expressions specific to news articles and have a better understanding of what happened and is happening inside and outside Japan.
【2学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about current news in English. The topics to be featured in the class will range from domestic to international ones. Students are expected to actively participate in pair work or group discussions as well as present their opinions based on what they have researched in advance. Through this class, students will learn English vocabulary and expressions specific to news articles and have a better understanding of what happened and is happening inside and outside Japan.
【3学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about current news in English. The topics to be featured in the class will range from domestic to international ones. Students are expected to actively participate in pair work or group discussions as well as present their opinions based on what they have researched in advance. Through this class, students will learn English vocabulary and expressions specific to news articles and have a better understanding of what happened and is happening inside and outside Japan.
【4学期,2~4年,全学科,1単位,,文教育学部1号館307室】This is an English course that mainly aims to develop students' knowledge about current news in English. The topics to be featured in the class will range from domestic to international ones. Students are expected to actively participate in pair work or group discussions as well as present their opinions based on what they have researched in advance. Through this class, students will learn English vocabulary and expressions specific to news articles and have a better understanding of what happened and is happening inside and outside Japan.