【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館202室】The IELTS Test is one of the most widely used tests of English for Academic Purposes. To study in the UK, Australia, New Zealand and many other parts of the world, an IELTS score will be required by the host institutions. The necessary IELTS qualification will usually include both an overall score (e.g., 7 or above) and minimum scores in each part of the test (e.g., 6 or above on speaking). To reach the necessary level of English, students will need to spend a lot of time using English. This course provides additional support for students who need to reach a higher level of English.

In this course, students will become familiar with the IELTS Test tasks. The exercises in the textbook are designed to highlight important features of the tasks and provide advice on how to respond to the tasks. By working through these tasks and practicing sample test questions students will become better prepared for taking the IELTS Test.
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共3-105【1講】】The IELTS Test is one of the most widely used tests of English for Academic Purposes. To study in the UK, Australia, New Zealand and many other parts of the world, an IELTS score will be required by the host institutions. The necessary IELTS qualification will usually include both an overall score (e.g., 7 or above) and minimum scores in each part of the test (e.g., 6 or above on speaking). To reach the necessary level of English, students will need to spend a lot of time using English. This course provides additional support for students who need to reach a higher level of English.

In this course, students will become familiar with the IELTS Test tasks. The exercises in the textbook are designed to highlight important features of the tasks and provide advice on how to respond to the tasks. By working through these tasks and practicing sample test questions students will become better prepared for taking the IELTS Test.
【1学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館205室】過去20年間に、ヒトをはじめ様々な生物のゲノムすべてを読み取ることができるようになりました。これらの分子生物データを解析解釈することで、生命現象の理解が大きく進歩します。生命情報学はこれら大量データを解析するために、物理学、化学や情報科学を生命科学に導入して生まれてきた学問です。この科目では、(1)生命情報学の歴史、(2)生命情報学が扱うデータの概要、および(3)生命を情報からとらえたときにどのようなことがわかるのか概観します。特にタンパク質の構造と機能に関することを重点的に扱います。この科目の履修にあたって予備知識は必要としません。必要な物理学、化学、情報科学は、授業内でできるだけ説明するようにします。そのため授業時間内に受講生諸君に対して頻繁に質問をします。受講生諸君からの質問はいつでも受けます。簡単な計算問題を行う時もありますので、四則演算ができる計算機は毎回持参してください。生命情報学に必要な計算手法の詳細は、別科目(計算生物学)で取り扱います。
【2学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館205室】過去20年間に、ヒトをはじめ様々な生物のゲノムすべてを読み取ることができるようになりました。これらの分子生物データを解析解釈することで、生命現象の理解が大きく進歩します。生命情報学はこれら大量データを解析するために、物理学、化学や情報科学を生命科学に導入して生まれてきた学問です。この科目では、(1)生命情報学の歴史、(2)生命情報学が扱うデータの概要、および(3)生命を情報からとらえたときにどのようなことがわかるのか概観します。特にタンパク質の構造と機能に関することを重点的に扱います。この科目の履修にあたって予備知識は必要としません。必要な物理学、化学、情報科学は、授業内でできるだけ説明するようにします。そのため授業時間内に受講生諸君に対して頻繁に質問をします。受講生諸君からの質問はいつでも受けます。簡単な計算問題を行う時もありますので、四則演算ができる計算機は毎回持参してください。生命情報学に必要な計算手法の詳細は、別科目(計算生物学)で取り扱います。
【3学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館205室】計算生物学では、ゲノム塩基配列データやタンパク質構造データ、遺伝子発現データをどのように扱うことで、新しい発見ができるかを講義します。毎回の授業のはじめに解くべき問題を提示し、その解き方を解説し、解いた結果得られる生命科学の知見を解説します。取り扱う問題は以下の通りです。ゲノム塩基配列からの遺伝子発見、アミノ酸配列の類似性検索、アラインメント、系統樹作成、タンパク質構造の記述と比較、タンパク質の構造変化など。物理化学や空間幾何学、統計検定、検索技術の基礎があれば授業の理解が容易になりますが、できるだけ授業時間内に基礎から説明するようにします。受講生諸君の理解を確かめるために、授業時間内に頻繁に質問をします。受講生諸君からの質問はいつでも受けます。
【4学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館205室】計算生物学では、ゲノム塩基配列データやタンパク質構造データ、遺伝子発現データをどのように扱うことで、新しい発見ができるかを講義します。毎回の授業のはじめに解くべき問題を提示し、その解き方を解説し、解いた結果得られる生命科学の知見を解説します。取り扱う問題は以下の通りです。ゲノム塩基配列からの遺伝子発見、アミノ酸配列の類似性検索、アラインメント、系統樹作成、タンパク質構造の記述と比較、タンパク質の構造変化など。物理化学や空間幾何学、統計検定、検索技術の基礎があれば授業の理解が容易になりますが、できるだけ授業時間内に基礎から説明するようにします。受講生諸君の理解を確かめるために、授業時間内に頻繁に質問をします。受講生諸君からの質問はいつでも受けます。
【前集中,1~4年,全学科,2単位,,】本サブコースのテーマは、「自然科学とテクノロジー」です。自然界には多様な形をした物質や生物が存在し、時間と空間に変化します。その実体とその変化が何を意味するかについて、数学・物理学・化学・生物学・情報学などの理学的な学問が解き明かしてくれます。本講義では、様々なものやことに関するサイエンスをテクノロジーと共に、理学部の教員がオムニバス形式でそれぞれの研究分野の視点から英語で解説します。さらに、各専門分野での最新トピックスについても、わかりやすく紹介します。講師は物理学科から森川雅博先生と河野能知先生、化学科から近藤敏啓先生、生物学科から由良敬先生、服田昌之先生、情報科学科から伊藤貴之先生です。
【前集中,1~4年,全学科,2単位,,】この授業はサマープログラムのサブコース2「日本のライフスタイル Lifestyle in Japan」として開講される。
グローバル化が進む現代社会においても、世界の各地域ではさまざまな生活が営まれている。多彩な生活様式の営みを知り、共通点や相違点を理解することは、他者を理解する一歩であるとともに、自身を見つめ直すことにもつながる。本講義では日本のライフスタイルについて、教員がオムニバス形式でそれぞれの研究分野から英語で解説を行う。日本の生活文化の歴史や伝統はもとより、現代の日本社会が抱える問題について改めて考える機会にしてもらいたい。
【後集中,1~4年,全学科,1単位,,】The purpose of English Camp is to provide participants with the opportunity to speak in English as much as possible.