【後学期,2~4年,全学科,2単位,,人間文化研究科棟102室】この授業では、特に組織におけるダイバーシティに焦点を当てながら女性のリーダーシップについても学びます。ダイバーシティを推し進めるにはどのような「仕組み」が有効なのか、アクティブ・ラーニングやインタラクティブな授業を通じて履修生のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,ITルーム4【理2・103】】大規模かつフォーマルな場で口頭発表が行うことを念頭におき、プレゼンテーションの基礎を学びます(プレゼンテーションのお題は2つ程度課す予定で、そのうちの1つは企画立案の基礎に関わるものです)。
前半は、ITルームでの実習が中心で、プレゼンテーションの際に活用するPower Pointのスライド作成を行います(作成したスライドは、その都度添削します)。
後半は、実践形式で口頭発表のトレーニングを行います(音声や表情分析アプリを使った活動、電子黒板を使った活動があります)。
上記2つの活動を通じて「自分が伝えたいことを的確に表現する」基礎力を養います。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,生活科学部本館127室】現代社会における様々なテーマを題材とし、実現可能な「企画課題」を設定すること、設定した「企画課題」に沿った詳細な実現計画を作成することが本授業の目標です。
優秀な企画案は、本学、森田理事(研究・イノベーション担当副学長)のご指導のもと実現に向けてクラウドファンディングにエントリーする可能性があります。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館302室】納得のいく進路選択を行うためには、自分自身と社会・仕事を知り、その接点の持ち方についてしっかりと考えることが役に立ちます。この授業では、ワークシートや心理検査等を用いて様々な角度から自分らしさの点検を行うとともに、キャリア情報の収集と活用に関する実習を行い、生涯使えるキャリアデザインのための基本的視点や方法を体験的に学びます。
【通不定期,1~4年,全学科,2単位,,】デジタルとは何か、ビジネスにおいてデジタルがどのように活用されているかを理解し自らも実践機会を得ることで昨今注目されている”デジタル人材”として、社会で活躍できるスキルの体得を目指します。
上期はデジタルの活用による企業の変革状況を実例を交え解説します。
下期は社会課題にアラインしたテーマに沿って実際のモノづくりを通し、学生自身が実践する機会を作ります。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,生活科学部本館306室】株式会社ブリヂストンと連携して、未来を創る人材を育成するプログラムです。変化の時代、10年後、20年後の世界は私たちの生活はどう変化しているのか? その変化の下、私たちはどの様な未来を創るのかを学生自身が考えるゼミです。学外の様々な方たちと対話し、未来を描き、私達が創る未来を提言し、それに向けたアプローチを発表していただきます。多様な方々との対話、自身との対話、提言策定のためのワーク、発表企画力、表現力、リーダーシップが身につきます。
 
【後不定期,1~4年,全学科,2単位,,】株式会社ブリヂストンと連携して、未来を創る人材を育成するプログラムです。変化の時代、10年後、20年後の世界は私たちの生活はどう変化しているのか? その変化の下、私たちはどの様な未来を創るのかを学生自身が考えるゼミです。学外の様々な方たちと対話し、未来を描き、私達が創る未来を提言し、それに向けたアプローチを発表していただきます。多様な方々との対話、自身との対話、提言策定のためのワーク、発表企画力、表現力、リーダーシップが身につきます。 
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,生活科学部本館306室】株式会社ブリヂストンと連携して、未来を創る人材を育成するプログラムです。変化の時代、10年後、20年後の世界は私たちの生活はどう変化しているのか? その変化の下、私たちはどの様な未来を創るのかを学生自身が考えるゼミです。学外の様々な方たちと対話し、未来を描き、私達が創る未来を提言し、それに向けたアプローチを発表していただきます。多様な方々との対話、自身との対話、提言策定のためのワーク、発表企画力、表現力、リーダーシップが身につきます。
【後不定期,1~4年,全学科,2単位,,】株式会社ブリヂストンと連携して、未来を創る人材を育成するプログラムです。変化の時代、10年後、20年後の世界は私たちの生活はどう変化しているのか? その変化の下、私たちはどの様な未来を創るのかを学生自身が考えるゼミです。学外の様々な方たちと対話し、未来を描き、私達が創る未来を提言し、それに向けたアプローチを発表していただきます。多様な方々との対話、自身との対話、提言策定のためのワーク、発表企画力、表現力、リーダーシップが身につきます。
【1学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】「あったらいいな!」というアイデアを、いかにビジネスプランとして成立させるか、チームで商品やサービスを事業化する企画を作り、発表し、実戦形式で、社会人の疑似体験をします。入門編はWordベースでアイデアをまず形にしてプランの実現性を図る調査設計までを行います。6月以降のビジネスプラン編ではPowerPointによる発表用資料をチームで作成します。

※授業はアクティブラーニング形式です。
<身につくこと>
・ビジネス・経済の知識が身につき自信がもてる
・パワポ資料の作り方やプレゼンのコツが分かる
・サービス提供側の目線を学び、就活の企業分析に役立つ!
学部学年を超えたチームでビジネスプランを作りながら、マーケティング視点を学びます。   

〇2019年実施の文科省EDGE NEXT東京大学共通プログラム、シリコンバレー研修への参加イメージがつきます。
【2学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】「あったらいいな!」というアイデアを、いかにビジネスプランとして成立させるか、チームで商品やサービスを事業化する企画を作り、発表し、実戦形式で、社会人の疑似体験をします。入門編でチームごとに構築したアイデアを6月以降のビジネスプラン編ではPowerPointによる発表用資料をチームで作成しビジネスプランをさらにブラッシュアップします。


※授業はアクティブラーニング形式です。

<身につくこと>
・ビジネス・経済の知識が身につき自信がもてる
・パワポ資料の作り方やプレゼンのコツが分かる
・サービス提供側の目線を学び、就活の企業分析に役立つ!
学部学年を超えたチームでビジネスプランを作りながら、マーケティング視点を学びます。   

〇2019年実施の文科省EDGE NEXT東京大学共通プログラム、シリコンバレー研修への参加イメージがつきます。
【3学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館401室】近現代史上こんにちほど事業を構想し起業しやすい時代はなかったでしょう。この時代性をもたらしたのはICT。すでに誰もが手にしているこのツールと環境を活かして未だ見ぬ美的価値創造に最短、最速で挑む。これがこのブログラムの主題と目標です。だから、この授業ではデジタルスキルが成功への鍵です。そのスキルはまだなくても強い関心があれば、この授業外の学修で修練します。それもまたこの授業の目標です。
【通不定期,1~4年,全学科,1単位,,】<主題>
インターンシップ経験を自己の現在と将来を考える材料としてよりよく役立てることを目的とします。個人ワークやグループワーク、質疑応答の時間をできるだけ多くし、参加者それぞれが目的意識を持ってインターンシップに臨み、その体験を在学中及び卒業後のキャリア形成につなげることを支援します。
<目標>
1.インターンシップに参加する自分にとっての意味・目標が明確になる
2.目標を達成するために取るべきインターンシップ中の行動がイメージできる
3.インターンシップ体験を省察し、今後の能力開発目標と行動計画が立案できる
【通不定期,1~2年,全学科,2単位,,】産学協働による低学年からのキャリア教育を推進し、人材育成を図ることを目的とする。当面は経済同友会と連携した長期・一部有償インターンシップを実施する。
【1学期,2~4年,全学科,1単位,,理学部2号館507室】初等解析学Iに引き続き,多変数関数の微積分を学ぶ.特に多変数関数の積分(重積分),関数列の微積分,曲線上の積分(線積分),曲面上の積分(面積分)を扱う.
【2学期,1~4年,全学科,1単位,,理学部2号館507室】初等解析学Iに引き続き,多変数関数の微積分を学ぶ.特に多変数関数の積分(重積分),関数列の微積分,曲線上の積分(線積分),曲面上の積分(面積分)を扱う.
【1学期,1~4年,全学科,1単位,,理学部3号館701室】化学の基礎として、原子の成り立ち、化学結合、分子の形と電子構造などについての基本的概念の理解を目標とする。高校までの定性的理解を定量的理解に高めることを目標とする。
【2学期,1~4年,全学科,1単位,,理学部3号館701室】化学の基礎として、気体・液体・固体の性質、熱力学などについての基本的概念の理解を目標とする。高校までの定性的理解を定量的理解に高めることを目標とする。
【後集中,1~4年,全学科,2単位,,】HSK(中国政府公認の中国語検定試験)3級、4級の合格をめざす授業です。過去問を中心とした練習を繰り返し行うことで、苦手ジャンルを克服し、総合力のアップをめざします。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館403室】HSK(中国政府公認の中国語検定試験)5級、6級の合格をめざす授業です。過去問を中心とした練習を繰り返し行うことで、苦手ジャンルを克服し、総合力のアップをめざします。