ページ: 1 2 3 4 ()
【後学期,Ⅱ~Ⅲ,人間・環境科学科,2単位,】
建築環境工学は、対象となる環境において人が快適に暮らすことができるように環境を整備することが大きな目標である。快適であるか否か判断する上で、人の評価と関連する心理学は密接に関係してくる。物理的な環境で規定できる分野もあるが、視覚情報に関わる事柄は感じ方に影響を与えやすい。
本講義では、視覚情報を中心に評価測定方法や様々なスケールの環境と評価、また建築の要素と評価に着目し、関連した既往研究から研究の流れを学ぶ。環境心理学の様々な側面を理解すると共に主要テーマについて記述できるようになることを目標とする。
【後学期,Ⅲ,人間・環境科学科,2単位,】
都市や建物におけるエネルギー消費の分析・評価は、エネルギーシステムの中で論じる必要があります。エネルギーシステムの単位系、システムを形成する個々の技術を対象とした熱工学の基礎、省エネルギー住宅設計、地域エネルギー計画論などを、本講義では学びます。
【後学期,Ⅱ,人間・環境科学科,2単位,生活科学部本館209室】
資源循環計画を設計するための知識・知恵の習得を目指す。
生活の中から排出されるごみと排水を対象として、衛生処理や資源循環システム形成を行うための計画論、工学(熱工学、生物工学など)の基礎を学ぶ。
【前不定期,Ⅰ~Ⅳ,人間・環境科学科,2単位,】
古代から近代までの主要な日本建築の事例を取り上げ、空間理念、社会背景、技術的特徴をふまえながら、日本建築の歴史的な展開を概説する。建築に関する基本的知識や用語、概念の解説もおこなう。建築作品の見方を理解するとともに、基礎的な日本建築史の知識を得ることを目的とする。
【後学期,Ⅱ~Ⅲ,人間・環境科学科,2単位,】
現在の建築をより深く理解し、新たなデザインを創造していくためには、先人たちが作り上げてきた遺産を把握し理解することがきわめて重要なことととなる。本講義は、古代から現代までの主要な西洋建築について、空間理念、社会背景、建設技術をふまえながら、その特徴を概説する。
【3学期,Ⅲ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
コンピュータを利用し演習形式にて,数式処理・解析,統計解析,数値計算などの手法を具体的に学ぶ.Excel
を用いた統計解析と数値解析を行えるようにする.
【4学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館125室】
物質の基本的性質を理解するために必要な物理化学的事項を学ぶ.熱力学,純物質の相転移,混合の熱力学,溶液,相律,ギブズエネルギーと相平衡などについて学び,これらに関して簡単な数値的問題を取り扱えるようにする.
【3学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館125室】
物質の基本的性質を理解するために必要な物理化学的事項を学ぶ.熱力学,純物質の相転移,混合の熱力学,溶液,相律,ギブズエネルギーと相平衡などについて学び,これらに関して簡単な数値的問題を取り扱えるようにする.
【2学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
自然科学・工学の基礎として必要な数学の基礎を修得する.数学物理学演習Ⅲ(2)では,数値解析の数学的基礎,物質・熱の移動現象の数式化を扱う.熱の移動現象については,プログラミングを活用した演習にも取り組む.
【1学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
自然科学・工学の基礎として必要な数学の基礎的な知識を修得する.主に複素関数とフーリエ級数が内容となるが,複素関数は基礎から応用まで,フーリエ級数については基礎的な内容を主に学ぶ。
【4学期,Ⅰ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館126室】
自然科学・工学の基礎として必要な大学数学の基礎を修得します.数学物理学演習Iの内容につづいて、指定した教科書に沿って、おもにベクトル解析および常微分方程式を学びます。
【3学期,Ⅰ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館126室】
自然科学・工学の基礎として必要な大学数学の基礎を修得します.数学物理学演習Iの内容につづいて、指定した教科書に沿って、おもにベクトル解析および常微分方程式を学びます。
【2学期,Ⅰ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
生活工学の実践には,人間と環境のためのデバイスやシステムを設計し,評価する能力が求められる.本講義ではその基礎となる数学的能力として線形代数の基礎を学ぶ.
【1学期,Ⅰ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
生活工学の実践には,人間と環境のためのデバイスやシステムを設計し,評価する能力が求められる.本講義ではその基礎となる数学的能力として解析学の基礎を学ぶ.
【4学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館126室】
自然現象を把握する方法論として、物質の反応速度,流体の流れ解析,様々な反応装置における反応効率,その解析方法について学ぶ.その基本知識としての物質の拡散や運動量の移動の基礎についても学ぶ.
【3学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館126室】
自然現象を把握する方法論として、物質の反応速度,流体の流れ解析,様々な反応装置における反応効率,その解析方法について学ぶ.その基本知識としての物質の拡散や運動量の移動の基礎についても学ぶ.
【4学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
生活環境において健康的な生活を脅かすリスク因について、その影響及び作用する機構など具体例を例示しながら基礎的知識を習得する。さらに、リスクの評価方法及び環境保全に関する事項を学ぶ。
【3学期,Ⅱ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館209室】
生活環境において健康的な生活を脅かすリスク因について、その影響及び作用する機構など具体例を例示しながら基礎的知識を習得する。さらに、リスクの評価方法及び環境保全に関する事項を学ぶ。
【2学期,Ⅲ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館126室】
環境材料の物性について基礎的事項を学ぶ.特に材料の性質と構造の関係に着目して考察する.高分子材料(高分子の構造,エントロピー弾性,粘弾性),機能性材料,環境調和と材料設計などを取り扱う.本科目の内容は,「住居の機能、設計、管理」,「製品設計」,「材料の環境調和」,「機能材料の開発」などを行う上での基礎ともなる.
【1学期,Ⅲ,人間・環境科学科,1単位,生活科学部本館126室】
環境材料の物性について基礎的事項を学ぶ.特に材料の性質と構造の関係に着目して考察する.高分子の構造と熱的性質との関係を理解する.本科目の内容は,「住居の機能、設計、管理」,「製品設計」,「材料の環境調和」,「機能材料の開発」などを行う上での基礎ともなる.
ページ: 1 2 3 4 ()