【2学期,1年,文E,1単位,,情報基盤セ 104【ITルーム2】】本学の教育用端末(iMac)を利用して、情報処理の基礎的な知識や技能の習得を目指します。特に、情報倫理・インターネットの活用、そしてワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトといった、今後の大学生活で必要となる基本的なソフトウェアの活用能力の習得に重点を置いて授業を行います。
【2学期,1年,文G,1単位,,理学部3号館601室】学業上必要な情報処理の基礎の修得を主題・目的とします。情報処理演習(1)の学修内容を修得していることを前提として、文献情報検索と文字データの整理・管理、プレゼンテーションに必要な各ソフトウエアの使用方法を講義と実習を通して学修します。また折に触れて、研究に必要な情報の入手方法と利用上の注意点な ども説明します。なお、授業の進捗や受講者の理解の状況によって、内容を一部変更する場合があります。
【2学期,1年,理A,1単位,,情報基盤セ 104【ITルーム2】】コンピュータの基礎的な利用技術の習得を目的とする.具体的には,文書作成,表計算,プレゼンテーション,Webページの作成などのアプリケーションソフトウェアの操作手順を学ぶ.また,インターネットを安全かつ効率的に利用するための基礎的な知識を習得する.
【2学期,1年,理B,1単位,,情報基盤セ 104【ITルーム2】】本学の教育用端末(iMac)を利用して、情報処理の基礎的な知識や技能の習得を目指します。特に、情報倫理・インターネットの活用、そしてワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトといった、今後の大学生活で必要となる基本的なソフトウェアの活用能力の習得に重点を置いて授業を行います。
【2学期,1年,理D,1単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本学の教育用端末(iMac)を利用して、情報処理の基礎的な知識や技能の習得を目指します。特に、情報倫理・インターネットの活用、そしてワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトといった、今後の大学生活で必要となる基本的なソフトウェアの活用能力の習得に重点を置いて授業を行います。
【2学期,1年,理E,1単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本学の教育用端末(iMac)を利用して、情報処理の基礎的な知識や技能の習得を目指します。特に、情報倫理・インターネットの活用、そしてワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトといった、今後の大学生活で必要となる基本的なソフトウェアの活用能力の習得に重点を置いて授業を行います。
【2学期,1年,生活A,1単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】表計算ソフトやプレゼンテーションソフトを使った実習を通じて、情報の収集と分析、レポートの作成、情報の発信といった基本的な情報処理能力を取得することを主題とする。さらに、高度化するネット社会のなかで、いかにすれば賢く振る舞えるのかを考え、そのために必要となる情報リテラシー(単なる技能だけでなく倫理的な教養も含む総合的な能力)を獲得することを最終的な目標とする。
【2学期,1年,生活B,1単位,,ITルーム2【情報基盤セ 104】】学生生活の中で、また大学で受ける他の講義において、情報処理(情報の収集、レポートの作成、統計的処理、プレゼンテーション、情報発信等)の道具としてコンピュータを自在に使えるようになることを主題とする。そのための情報リテラシー(教養とスキル)の獲得を目標として、実習に重点を置き、情報倫理、MacOS上のアプリケーション・ソフトウェアの利用,簡単なコンピュータの構成、及びその使用方法について学び、道具として支障なく使いこなせるようになることを主題とする。本科目は演習科目であるため、講義時間内に出題する課題の実習と、それに対するレポート課題の到達度で評価を行う。また試験週には、実習を伴う試験を行うので、レポート提出のみでは評価基準に達しないので注意のこと。
【2学期,1年,生活C,1単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本学の教育用端末(iMac)を利用して、情報処理の基礎的な知識や技能の習得を目指します。特に、情報倫理・インターネットの活用、そしてワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトといった、今後の大学生活で必要となる基本的なソフトウェアの活用能力の習得に重点を置いて授業を行います。
【2学期,1年,生活D,1単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】研究に必要なデータの分析、プレゼンテーション資料の作成、発表などを効率的に進めるためのソフトウェアツールの利用法を身につける。単に操作法を学ぶだけでなく、情報が持つ性質や、データを取り扱うための基本的な考え方、技術など、情報処理の本質、さらには情報デザインについての理解を深める。
【後学期,1~2年,全学科,2単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本授業の主題はデータサイエンスの手法を学ぶことに加え、文化現象を対象にデータサイエンスの手法を用いた事例を概観し、文理融合型の研究におけるデータ分析の有効性と重要性を学ぶことです。それ故、本授業ではデータサイエンスの手法を理解することだけではなく、文化に関するデータに対してデータサイエンスの分析手法をどのように応用するのか理解することが重要になります。
また、本授業では、生活に必要なデータサイエンスの基礎を、シミュレーションを用いて身につけることを目標とします。直感的に理解できる内容をめざしながら、卒業研究の際に必要になってくる統計の基礎も身につけてもらうことを目標とします。
【前学期,1~2年,全学科,2単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本授業の主題は文理融合データサイエンスⅠにおいて学んだ基礎的な多変量解析の手法を復習し、新たに機械学習の手法を学ぶことです。また、文化現象を対象とするデータサイエンスの手法を用いた研究事例を概観することで、文理融合型の研究におけるデータサイエンスの有効性と重要性を理解することが目標となります。
【1学期,1~4年,全学科,1単位,,理学部3号館701室】情報科学とは何であるか、自然科学分野における位置付けおよびその技術的な応用について学ぶ。近年急速な発展が見られる情報技術を基礎として支えているのが情報科学であるが、その内容は幅広く奥も深い学問である。本講義は、情報科学やその関連分野に携わる者が知っておくべき基礎知識について述べ、主要トピックを取り上げて議論し、受講者にこの分野の概要を理解してもらうことを目標とする。
【2学期,1~4年,全学科,1単位,,理学部3号館701室】情報科学とは何であるか、自然科学分野における位置付けおよびその技術的な応用について学ぶ。近年急速な発展が見られる情報技術を基礎として支えているのが情報科学であるが、その内容は幅広く奥も深い学問である。本講義は、情報科学やその関連分野に携わる者が知っておくべき基礎知識について述べ、主要トピックを取り上げて議論し、受講者にこの分野の概要を理解してもらうことを目標とする。
【3学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館404室】情報処理産業は、理系・文系を問わず本学の非常に多くの学生が就職する産業です。 2008年には、日本の大学における情報通信産業への就職力ランキングで、本学が日本一の大学であると評価された実績もあります。情報処理以外の分野を専攻して入学し、情報処理業務に従事することを想定していなかったにもかかわらず、いざ就職活動してみたら情報処理系の企業に就職していた、という学生も多数います。それくらい本学の多くの学生にとっての将来に関係深い情報通信産業の知識を、就職活動の開始時期より前に深めることは、本分野に興味をもつ全ての学部の学生にとって重要であると考えられます。
本科目は、情報処理の初学者を対象に、
「情報処理技術は日常生活にどのように普及しているか」
「情報処理産業に就職したらどのような業務知識が必要か」
「コンピュータはどのような仕組みに基づいて動いているか」
の3点に絞って情報処理技術を平易に解説します。
情報処理学(1)では、情報処理の業務を実感するための簡単なレポートを課します。
【4学期,1~4年,全学科,1単位,,共通講義棟1号館404室】情報処理産業は、理系・文系を問わず本学の非常に多くの学生が就職する産業です。 2008年には、日本の大学における情報通信産業への就職力ランキングで、本学が日本一の大学であると評価された実績もあります。情報処理以外の分野を専攻して入学し、情報処理業務に従事することを想定していなかったにもかかわらず、いざ就職活動してみたら情報処理系の企業に就職していた、という学生も多数います。それくらい本学の多くの学生にとっての将来に関係深い情報通信産業の知識を、就職活動の開始時期より前に深めることは、本分野に興味をもつ全ての学部の学生にとって重要であると考えられます。
本科目は、情報処理の初学者を対象に、
「情報処理技術は日常生活にどのように普及しているか」
「情報処理産業に就職したらどのような業務知識が必要か」
「コンピュータはどのような仕組みに基づいて動いているか」
の3点に絞って情報処理技術を平易に解説します。
情報処理学(2)では、情報処理学(1)の内容もあわせた期末試験を実施します。
情報処理学(1)を履修していることを前提とします。
【前学期,1~4年,データサイエンス入門,2単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】近年、情報通信技術や計測技術の向上により、多種多様なデータを得ることができるようになり、大量のデータが蓄積されています。このようないわゆるビッグデータを活用できる人材の重要性は日々高まっています。そこで、データサイエンスなどのデータを活用する技術について学ぶことが本授業の主題となります。本授業は講義と演習に分かれており、演習では主にExcelを使用し、Excelの操作に習熟することを目指します。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本授業では統計学や計量経済学の理論的な知識を取得することと、ExcelやStataなどの計量ソフトを使用してデータ分析ができることを目的とする。
【後学期,1~4年,テキストデータの計量分析,2単位,,】テキスト処理の基礎知識と技法を広く身につけ、各々が興味を持つテキストを対象とし、計量分析を行えるようになることが本授業の到達目標です。
本授業ではテキストデータを用いて名作と称される小説に使用される語彙や表現の特徴を統計的に解明する方法を概観し、テキストデータの計量分析の演習を行います。授業形態は1回の授業の前半が講義形式、後半が演習形式です。演習では教員と学生、学生間のディスカッションを通じて分析課題の設定、テキストデータの収集、正規表現を用いたテキストデータのクリーニング、形態素解析、分析、分析結果の解釈、報告を行うことで文学作品の計量分析に係わる一連の作業を実践的に学修します。
また、本授業におけるデータ分析ではデータサイエンスの手法を用います。直感的に理解できる内容をめざしながら、卒業研究の際に必要になってくるデータサイエンスの基礎も身につけてもらうことを目標とします。演習ではExcelやRを使用します。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,理学部3号館601室【ITルーム1】】本授業では文理融合データサイエンスIIIと同様に、統計学や計量経済学の理論的な知識を取得することと、ExcelやStataなどの計量ソフトを使用してデータ分析ができることを目的とする。