【3学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館201室】この講義の主題は、さまざまな教育思想を検討することによって、教育現象を多角的に検討するための基礎を理解することにある。この講義を聴講ことによって、学生に身につけてもらいたい力は以下の三つである。1)これまで提唱されてきた代表的な教育思想のあらましを説明できる。2)「よい教育は何を目ざすのか」について自分なりに考えを発表できる。3)教育について自分の見解を論理的に説明することができる。
【4学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館201室】この講義の主題は、さまざまな教育思想を検討することによって、教育現象を多角的に検討するための基礎を理解することにある。この講義を聴講ことによって、学生に身につけてもらいたい力は以下の三つである。1)これまで提唱されてきた代表的な教育思想のあらましを説明できる。2)「よい教育は何を目ざすのか」について自分なりに考えを発表できる。3)教育について自分の見解を論理的に説明することができる。
【1学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,文教育学部1号館220室】教育の制度・政策や社会的文化的諸実態の史的展開を概説する。現代の教育がどのような事実の積み重ねによって形成されてきたかを理解することを目標としてほしい。
【2学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,文教育学部1号館220室】教育の制度・政策や社会的文化的諸実態の史的展開を概説する。現代の教育がどのような事実の積み重ねによって形成されてきたかを理解することを目標としてほしい。
【3学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館102室】<授業の概要>  教育社会学とは、教育を社会現象として捉える学問といえる。そこに通底する問題関心としては、教育(とりわけ学校教育)がこの社会においてどのような役割を持っているのか、その役割を通じてどのような社会的なメカニズム(さらにはそれにより社会的問題)が生起しているのかという問いがあるといえるだろう。本講義は、この大きなテーマに対して以下に挙げるいくつかの側面から迫っていく。
 第一に、学校教育のもつ社会的機能について考えていく。ここでは、我々が当たり前に過ごしてきた学校教育を相対化して捉えることから始め、学校教育の機能を多面的に捉えることを目指す。具体的には、3つの学校の社会的機能―選抜配分機能、社会化機能、正当化機能―について、現在何が起きているのかをみていく(教育社会学概論(1))。
 第二に、「学校は役に立たない」という言葉を耳にすることがあるが、学校教育にどのような効用があるのか(役にたっているのか/いないのか)を探る(教育社会学概論(2))。
 第三に、教育をめぐる不平等についてみていくとともに、第四に各論として子ども/若者とニューメディア、いじめ問題について扱う(教育社会学概論(2))。
<授業の到達目標> ①社会的機能という観点から学校の果たしている役割を説明できる。
②学校を取り巻く社会の状況を理解し、その変化が学校教育にもたらす影響とそこから生じる課題、並びにそれに対応するための教育政策の動向について説明できる。
③学校や教育行政機関の目的とその実現について、経営の観点から説明できる。
【4学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館102室】授業の概要
 教育社会学とは、教育を社会現象として捉える学問といえる。そこに通底する問題関心としては、教育(とりわけ学校教育)がこの社会においてどのような役割を持っているのか、その役割を通じてどのような社会的なメカニズム(さらにはそれにより社会的問題)が生起しているのかという問いがあるといえるだろう。本講義は、この大きなテーマに対して以下に挙げるいくつかの側面から迫っていく。
 第一に、学校教育のもつ社会的機能について考えていく。ここでは、我々が当たり前に過ごしてきた学校教育を相対化して捉えることから始め、学校教育の機能を多面的に捉えることを目指す。具体的には、3つの学校の社会的機能―選抜配分機能、社会化機能、正当化機能―について、現在何が起きているのかをみていく(教育社会学概論(1))。
 第二に、「学校は役に立たない」という言葉を耳にすることがあるが、学校教育にどのような効用があるのか(役にたっているのか/いないのか)を探る(教育社会学概論(2))。
 第三に、教育をめぐる不平等についてみていくとともに、第四に各論として子ども/若者とニューメディア、いじめ問題について扱う(教育社会学概論(2))。

授業の到達目標
①教育のレリバンスについて説明するとともに自分なりの考えをもつことができる
②教育と不平等等の現代の教育課題について説明するとともに自分なりの考えをもつことができる
③学校と地域との連携の意義や地域との協働の仕方について、取り組み事例を踏まえて説明できる。
④学校の管理下で起こる事件、事故及び災害の実情を踏まえて危機管理を含む学校安全の目的と具体的な取組について説明できる。
【3学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟1号館303室】フィールドワーク(臨地調査)から得られる「人類」点と「文化の多様性」の視点に基づいて人間現象を捉える研究分野としての文化人類学について、基礎講義より数歩踏み込んで「専門性」を意識した概論の講義を行う。「文化」概念をめぐる議論をピヴォットに、文化人類学は、民族・国家・政治・経済・法・教育・学習・開発・宗教・性・身体・心理等々をめぐる現代的課題をどのように分析し、何を提言し、いかなる寄与を目論むのか。具体例に即して概論していく。幾分専門的な概念や理論を知識として身につけてもらうとともに、それらを「使って考える方法」の手がかりを得ることを目標とする。
【4学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟1号館303室】フィールドワーク(臨地調査)から得られる「人類」点と「文化の多様性」の視点に基づいて人間現象を捉える研究分野としての文化人類学について、基礎講義より数歩踏み込んで「専門性」を意識した概論の講義を行う。「文化」概念をめぐる議論をピヴォットに、文化人類学は、民族・国家・政治・経済・法・教育・学習・開発・宗教・性・身体・心理等々をめぐる現代的課題をどのように分析し、何を提言し、いかなる寄与を目論むのか。具体例に即して概論していく。幾分専門的な概念や理論を知識として身につけてもらうとともに、それらを「使って考える方法」の手がかりを得ることを目標とする。
【1学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館101室】国内外の教育方法に関する諸理論や実践記録の検討を通して、過去から現在に至るまでの「学校」や「授業」を規定している諸要因についての基礎的な理解を図る。それらを踏まえた上で、今後の社会において子どもに求められる学力や能力との関係の理解に基づき、学習指導において新たに要請される教師の具体的な技術について理解し、実践するための能力を養う。
【2学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館101室】国内外の教育方法に関する諸理論や実践記録の検討を通して、過去から現在に至るまでの「学校」や「授業」を規定している諸要因についての基礎的な理解を図る。それらを踏まえた上で、今後の社会において子どもに求められる学力や能力との関係の理解に基づき、学習指導において新たに要請される教師の具体的な技術について理解し、実践するための能力を養う。
【1学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館101室】教育開発とは、社会的・経済的発展のために教育を量的に拡大させたり、質的に改善させたりすることです。この授業では、女子教育や幼児教育、教育の質や職業教育など、近年の教育開発の主要トピックを取り上げ、その背景と動向、課題等について理解することを目的とします。SDGsのもと、途上国・先進国共通の課題について考えていきます。
近隣のアジア諸国の教育から、様々な問題を抱えたままグローバル化に巻き込まれたアフリカ等も対象にします。また、SDGsと教育の関係についても検討します。教育開発を学ぶことにより、日本の教育発展や現状・課題をより深く理解できるようにします。さらに、国際教育開発の理論・学説に関する発展的な内容についても知識を深めることができるようにします。
【2学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟2号館101室】教育開発とは、社会的・経済的発展のために教育を量的に拡大させたり、質的に改善させたりすることです。この授業では、女子教育や幼児教育、教育の質や職業教育など、近年の教育開発の主要トピックを取り上げ、その背景と動向、課題等について理解することを目的とします。SDGsのもと、途上国・先進国共通の課題について考えていきます。
近年、成長著しいアジアの教育から、様々な問題を抱えたままグローバル化に巻き込まれたアフリカ等も対象にします。また、SDGsと教育の関係についても検討します。教育開発を学ぶことにより、日本の教育発展や現状・課題をより深く理解できるようにします。さらに、国際教育開発の理論・学説に関する発展的な内容についても知識を深めることができるようにします。
【後学期,1~4年,教育科学コース,2単位,,共通講義棟1号館304室】特別支援教育の理念や仕組み、基本的な考えについて理解すると共に、通常学級にも在籍している発達障害をもつ子どもやその他のさまざまな障害をもつ子ども、さらに障害の他に特別な教育的ニーズをもつ子どもについて理解し、個別の教育的ニーズに対応しながら指導や支援を行っていくために必要な知識や方法を学ぶ。
【3学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟1号館304室】特別支援教育の理念や仕組み、基本的な考えについて理解すると共に、通常学級にも在籍している発達障害をもつ子どもやその他のさまざまな障害をもつ子ども、さらに障害の他に特別な教育的ニーズをもつ子どもについて理解し、個別の教育的ニーズに対応しながら指導や支援を行っていくために必要な知識や方法を学ぶ。
【4学期,1~4年,教育科学コース,1単位,,共通講義棟1号館304室】特別支援教育の理念や仕組み、基本的な考えについて理解すると共に、通常学級にも在籍している発達障害をもつ子どもやその他のさまざまな障害をもつ子ども、さらに障害の他に特別な教育的ニーズをもつ子どもについて理解し、個別の教育的ニーズに対応しながら指導や支援を行っていくために必要な知識や方法を学ぶ。
【通不定期,4年,人間社会科学科,4単位,,】教育実習は、教員免許状取得のためのカリキュラムの総まとめであり、それまでの大学での学修をふまえ、指導教員の指導のもとで、生徒を相手に指導することを体験する貴重な学習の機会である。教育実習を通じて、教職に対する理解を深め、その魅力の一端に触れてほしいと思う。               
【通不定期,4年,人間社会科学科,1単位,,】教育実習を受ける学生には、特別の自覚と十分な準備が求められており、このため現在では、事前指導と事後指導が課されている。このうち、大学ならびに本学附属学校でなされる事前指導は実習を有意義なものとするため、実習の心構えを学ぶとともに、学校生活の流れや教師の仕事の概要を把握することを目的としている。また、事後指導は実習で学んだことを反省し、よりよい教師になるための自覚とさらなる学びへの動機づけを得ることをねらいとしている。いずれも、教育実習と併せて履修することが義務づけられており、必ず全回出席しなければならない。
【通不定期,4年,人間社会科学科(4単位),4単位,,】教育実習は、教員免許状取得のためのカリキュラムの総まとめであり、それまでの大学での学修をふまえ、指導教員の指導のもとで、生徒を相手に指導することを体験する貴重な学習の機会である。教育実習を通じて、教職に対する理解を深め、その魅力の一端に触れてほしいと思う。               
【通不定期,4年,人間社会科学科,1単位,,】教育実習を受ける学生には、特別の自覚と十分な準備が求められており、このため現在では、事前指導と事後指導が課されている。このうち、大学ならびに本学附属学校でなされる事前指導は実習を有意義なものとするため、実習の心構えを学ぶとともに、学校生活の流れや教師の仕事の概要を把握することを目的としている。また、事後指導は実習で学んだことを反省し、よりよい教師になるための自覚とさらなる学びへの動機づけを得ることをねらいとしている。いずれも、教育実習と併せて履修することが義務づけられており、必ず全回出席しなければならない。
【通不定期,4年,人間社会科学科(2週間:2単位),2単位,,】教育実習は、教員免許状取得のためのカリキュラムの総まとめであり、それまでの大学での学修をふまえ、指導教員の指導のもとで、生徒を相手に指導することを体験する貴重な学習の機会である。教育実習を通じて、教職に対する理解を深め、その魅力の一端に触れてほしいと思う。