【通不定期,4年,社会学コース,8単位,,】自ら研究テーマを設定して、資料や文献を収集・検討しながらリサーチ・クエステョンを育て、研究設計に応じてアンケート調査やインタヴュー調査を実施し、最終的に、学習の総まとめとして卒業論文を完成させる。
【前学期,1~4年,社会学コース,2単位,,共通講義棟1号館303室】社会保障を中心に社会政策(社会保障、社会福祉、住宅政策、雇用政策等)の概論的な講義を行う。社会政策の歴史的展開、社会保障制度の概要、社会保障の主要な政策課題と争点の基礎的理解が目標である。国際比較の視点を重視する。。
【後学期,2~4年,社会学コース,2単位,,共通講義棟1号館303室】社会福祉(介護サービスを含む)の基礎理論と、今日の社会福祉政策の課題に関わる主要な論点を取り上げる。社会福祉に関する基礎的な理解が目標である。国際比較の視点を重視する。
【通年,2~4年,社会学コース,4単位,,ITルーム3【理2・101】】自記式質問紙法による標本調査(いわゆる量的調査)を念頭に置き、(1)調査目的の設定・明確化、(2)調査の企画・設計、(3)質問文の作成、(4)調査の実施、(5)調査結果の集計・分析、(6)レポートの作成までの定量調査の一連の過程を実習する。各時間とも、受講生は作業及び全体での討論や打合せへの積極的な参加が必須である。それらの作業を通して、調査結果の分析・報告のみならず、調査方法の特性や実施上の困難についても考察し、守秘義務など社会調査に関わる倫理問題に対する意識向上も目指す。   
【前学期,1~4年,社会学コース,2単位,,共通講義棟1号館101室】 本講義では,社会調査を中心に据えながら社会科学の理論と研究方法を幅広く学習する。1. 社会調査の意義と目的,2. 社会調査の歴史,3. 社会調査の倫理,4. 社会調査の種類と方法,5. 量的調査,6. 質的調査を学ぶ。社会調査を通じて,現代社会の様々な現象について考えていきたい。
【前学期,1~4年,社会学コース,2単位,,共通講義棟2号館101室】この授業の主題は、日本において社会の基本単位として理解されている「(近代)家族」に着目し、生活と社会のあり方の連動関係を社会学の視点で考察することです。
この授業では、家族のあり方、妻のあり方、夫のあり方、母のあり方、父のあり方、子のあり方、結婚のあり方、恋愛のあり方、カップルのあり方、女のあり方、男のあり方、仕事のあり方、子育てのあり方、介護のあり方など、「家族」に関して現代の日本の生活で生起している様々な事象を題材にします。授業ではまず、これらの事象が、「近代社会」という社会のあり方と密接に関わっていることを学びます。近代社会とは西洋において、18世紀に確立した社会関係や生活様式の総体のことです。この「社会」は、西洋中心の資本主義経済の拡大とともに、西洋と非西洋の間の非対称的な関係を内包しながら、地球規模で世界システムとして全世界に影響を及ぼしてきました。日本では、この西洋発・西洋中心の近代社会をモデルとして、19世紀に明治政府が誕生し、近代社会の形成が始まりました。授業では、「家族」に関して現代の日本の生活で生起している様々な事象において、近代社会における家族、すなわち「近代家族」が前提とされていることを学びます。その上で、20世紀半ば以降、西欧や北欧を中心に顕在化してきた、近代社会や近代家族に内包される矛盾を自己改革していくようなポスト近代の社会関係や生活様式のあり方を模索する動きについても学びます。
以上のような学習をふまえ、この授業の到達目標は、近代社会の単位としての「近代家族」を理解し、自分の日々の日常生活の中で「あたりまえ」にしている「家族観」を、受講者各自が自らの問題意識を持って社会学の視点で考察できるようになることです。
【前学期,3~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館201室】経験性・実証性を重視したものを中心としてジェンダー研究文献の学習とその内容に基づいた討論の訓練を主題とする。背景として踏まえるべき社会科学的な基礎知識・基礎理論の学習も含む。
 理論的もしくは実証的研究の論文を読みながら、社会科学において経験的である事、evidence-basedである事の意味を理解し、更には論理的・分析的であるとは如何なる事かと云う事についての各自なりの考えを持つ事を目標とする。
【後学期,3~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館813室】 経験性・実証性を重視したものを中心としたジェンダー研究文献を用いて学習し,ジェンダー,女性のライフスタイル,保守運動等についての理解と探求,及びその内容に基づいた討論の訓練を主題とする。背景として踏まえるべき社会科学的な一般的基礎知識・基礎理論の理解も含む。
 こうした主題のもと,理論的,方法論的,または実証研究の論文を読む事を通して,ジェンダー・ライフスタイル・世代についての具体的な理解を深める事と同時に,社会科学において経験的である事,evidence-basedである事の意義・必要性を理解し,更には論理的・分析的であるとは如何なる事かについての各自なりの考えを持つ事を目標とする。
【前学期,3~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館220室】福祉国家・福祉社会の形成において民間社会福祉、ボランティア、フィランソロピー、社会運動が果たした役割について理解を深めることを目標とする。この点に関わる3~5件のテーマを設定し、毎回の授業では、各テーマを担当する受講者のグループが、研究報告を行い、それに基づく討論を行う。
【後学期,3~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館220室】福祉レジーム論(比較社会政策論)の諸主題を扱った論文を読み、諸外国における社会政策の動向と、社会政策の国際比較研究の理論と知見についての理解を深める。文献の内容についての受講者の報告と討論により授業を進める。
【前学期,3~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館813室】このゼミでは、社会意識の分析について文献を読み、議論・検討する。学生と相談のうえ、ホックシールド『セカンド・シフト』とアンガーソン『ジェンダーと家族介護』のいずれかあるいは両方をテキストとする。また、各自のテーマにもとづく個人発表をおこなう。
坂本を卒業論文の指導教官としたい学生は必ず履修すること。
【後学期,3~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館813室】各自が選んだテーマにもとづく研究発表をつうじて、社会学的な問いの立て方、各領域の文献の調べ方や検討のしかた、調査方法や設計など、社会学の研究のしかたを学ぶ。坂本佳鶴恵を指導教員とする人は必ず履修すること。
【通不定期,3年,社会学コース,2単位,,】主題は,自らの問題関心を深めつつ、4年次における卒業論文執筆の前段階として必要な作業(先行研究のレヴューや既存資料の探索など)を具体的に認識し、主体的に学習と研究を進めていく姿勢の涵養である。
担当教員の指導のもとで、各自の問題関心に関連した基礎的学習を行い、文献検索・情報探索の方法に習熟し、社会学の英文論文の読解力を高め、論文の執筆の仕方を身に付けるなど、卒業論文執筆に向けての準備を計画的に行えるようになる事が目標である。
【通不定期,4年,社会学コース,2単位,,】主題は,各自の卒業論文の構想について発表し,指摘や批判・多様な観点を実際の論文執筆に活かす事である。
卒業論文執筆に向けて必要な問題を整理して認識し、資料の探索や調査の実施など、自らその問題の解決に主体的に取り組み、適宜そのプロセスと知見を他者に対しても説明可能な(accountable)なものとして報告できるようになる事を目標とする。
【後学期,1~4年,社会学コース,2単位,,文教育学部1号館307室】本年度は「セクシュアリティの人類学とその現代的可能性」を主題に据える。ジェンダーに比べると、セクシュアリティの視点から人間社会を理解、分析する研究の蓄積はまだ少ない。しかし人間をめぐる性の具体的な行動は、たとえば社会からの排除や少子化など、現代社会が抱える様々な問題に直接関わりを持っており、セクシュアリティ研究の重要性は今後更に増していくと考えられる。本講義の前半では、セクシュアリティを切り口としたこれまでの人類学的アプローチの主要なものを紹介し、鍵となる議論や概念を把握する。そのうえで後半では、セクシュアリティを対象としながら現代社会の諸課題をいかに理解し、現代社会の諸問題にどのような提言を行うことが可能なのかについて、具体的な事例に基づいて検討する。以上を通じて、セクシュアリティの視点から人間の社会と文化について考えることの重要性とその具体的な方法について議論していく。
【後学期,1~4年,社会学コース,2単位,,共通講義棟2号館102室】【主題】社会調査を企画、実施、分析し、報告書としてまとめるための一連の具体的な知識を学び、理解する。主として質問紙を用いた統計的調査を取り上げ、その理論と実施の技法を学ぶ。社会調査の技法的な側面に着目することで、いかにして調査を企画するか、いかにしてデータを集めるかという実施の技法を習得する。
 1)社会調査の中でも、特に質問紙を用いた量的調査の概要を理解する。
 2)調査の企画・仮説構築や標本抽出などの基礎理論について理解する。
 3)質問紙の作成、実査に至るまでの一連の実施方法について習得する。

【目標】研究・業務の基礎となる現状認識のための技術として、社会調査リテラシーを身につける。
1)科学的な社会調査の方法論について理解し、説明することができるようになる。
2)自分の問題意識に応じた調査課題を立て、適切な手法を選択することができるようになる。
3)データ収集の具体的な実施計画をプランニングすることができるようになる。
【3学期,2~4年,社会学コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】日本では、諸外国と比較すると、社会運動がそれほど活発でないというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし日本でも、多様なマイノリティの運動、貧困や平和に関する運動等々、多岐にわたる運動がありました。社会問題論(1)では、社会問題に対するアプローチとして社会運動に焦点をあて、①社会運動に関する基本的な理論を習得し、②社会運動の事例について社会学の視角から分析する能力を養うことを目的とします。
【4学期,2~4年,社会学コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】社会問題論(2)では、社会問題に対するアプローチの一つとしてひき続き社会運動に焦点をあて、社会問題や社会運動について社会学の視角から分析する能力を養うことを目的とします。社会問題論(2)の授業では、講義とともに、受講生がグループごとに独自に社会問題について探索、調査し、皆で発表と討論を行っていきます。