【後学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】カナダ・フランコフォニーに関するフランス語文献を読み、カナダの二言語主義政策や移民統合の観点から、フランス語系住民の現状や課題について考える。今学期の授業では、とくに、マイノリティ環境にあるカナダ・フランコフォンのアイデンティティや言語に関する「不安」について扱う。フランス語で書かれた文献や各種資料を適切に理解し、アウトプットにつなげられる力を養う。
【前学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】カナダおよびケベックの言語文化政策を世界のフランコフォニー運動との関係のなかに位置付ける。国際的な共同体としてのフランコフォニーの歴史的生成過程と現状のなかでカナダおよびケベックが果たしてきた役割を理解する。またカナダ/ケベックにとって国際的なフランコフォニー共同体がどのような価値をもつかについても確認する。フランス語で書かれた文献や各種資料を適切に理解し、アウトプットにつなげられる力を養う。
【通不定期,4年,仏語圏言語文化コース,8単位,,】フランス語圏の言語・文化について各自テーマを設定し論文およびフランス語要旨を執筆する。大学入学以来4年間の勉学の総決算となるものである
                                        
【前学期,4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】卒業論文作成のための事前指導。各自の関心にしたがいフランス語圏言語文化に関する研究テーマを設定し、参考文献や資料を集約し、構想発表を行う。
                                                                                         
【後学期,3~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】ドイツ語圏文化にまつわるテキストを翻訳を用いて講読し、議論する演習形式の授業です(新カリ科目「ドイツ語圏文化論I」と共通)。今年度はプラハ出身の作家フランツ・カフカの小説を扱います。
【前学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】フランス語で様々なテーマについて文章を書くことを目的とします。書くためには、様々なジャンルの文章を読んで語彙・文法・表現を習得し、フランス式の論理構成を学びます。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。
【後学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】フランス語で様々なテーマについて文章を書くことを目的とします。書くためには、様々なジャンルの文章を読んで語彙・文法・表現を習得し、フランス式の論理構成を学びます。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。
【前学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】Dans ce cours, vous apprendrez a mieux communiquer en francais et a mieux connaitre la France.
【後学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】Dans ce cours, vous apprendrez a mieux communiquer en francais et a mieux connaitre la France.
【前学期,3~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】この授業はフランス語圏文学講読の授業です。フランス語はフランス本国だけではなく、様々な国において現在も公用語・共通語として使われています。これらの国においては、フランス語で書かれた文学も誕生し、それらは「フランス語圏文学」(littérature francophone)と呼ばれています。この授業では、フランス文学に加えて、そうしたフランス語圏文学の様々な作品を読みます。フランス語の読解能力を高め、フランス語圏諸国の歴史、文化と文学について知識を身につけることを目指します。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。
【後学期,3~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】この授業はフランス語圏文学講読の授業です。フランス語はフランス本国だけではなく、様々な国において現在も公用語・共通語として使われています。これらの国においては、フランス語で書かれた文学も誕生し、それらは「フランス語圏文学」(littérature francophone)と呼ばれています。この授業では、フランス文学に加えて、そうしたフランス語圏文学の様々な作品を読みます。フランス語の読解能力を高め、フランス語圏諸国の歴史、文化と文学について知識を身につけることを目指します。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。
【後学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】この授業では、フランスの老舗ブランドに焦点を当て、その起源やアイコンアイテムの誕生、あるいは経営戦略などを、同時代の芸術潮流や社会背景に照らし合わせながら紐解く。そして、新しい価値の創造とその継承がどのように行われ、今日に至るのかを検討する。
【前学期,3~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】ドイツ語圏の文学史を扱います(新カリ科目「ドイツ語圏文学史II」と共通)。とはいえ半期の授業でできることには限界があるため、扱う時代と作家はごく限定的なものになります。他の時代や作家についても知りたい方は次年度以降も継続受講してください。今学期は19世紀の劇作家・小説家のハインリヒ・フォン・クライストを扱います。
【後学期,1~2年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-104【2講】】フランス語圏言語文化研究の基本となる知識を身に付ける。フランス語圏諸地域の歴史と現状、言語文化にかかわる諸問題を理解し、自らの関心に照らして論じることができる能力を養う。
【通不定期,1~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,】フランスの大学附属語学学校における4週間の語学研修プログラムに参加し、フランス語と現地文化について学ぶ。現地生活を体験しながら、実践的なフランス語能力と現地文化の理解、コミュニケーション能力・異文化適応能力の向上を目指す。
【通不定期,1~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,】フランスの大学附属語学学校における4週間の語学研修プログラムに参加し、フランス語と現地文化について学ぶ。現地生活を体験しながら、実践的なフランス語能力と現地文化の理解、コミュニケーション能力・異文化適応能力の向上を目指す。
【後学期,2~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟2号館102室】フランスではフランス生まれの移民の子どもによるテロ事件やスカーフ問題などが起こっているが、この「移民の子どもたち」はどういう存在なのか。彼らが直面している問題、とくに学校適応について社会学的・教育学的に理解を深めていく。
【前学期,3~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】この授業では、コミュニケーション能力を伸ばすことを目標としていて、聴解と口頭表現を中心に力を入れます。また、フランス語能力の向上に加えて、フランス語圏の国々の社会と文化について学び、比較などを通して、異文化理解能力を養成します。
教科書を使用せず、様々な資料(新聞記事の抜粋、音声資料、映像資料)を元に学びます。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。
【後学期,3~4年,仏語圏言語文化コース,2単位,,共3-209【5講】】この授業では、コミュニケーション能力を伸ばすことを目標としていて、聴解と口頭表現を中心に力を入れます。また、フランス語能力の向上に加えて、フランス語圏の国々の社会と文化について学び、比較などを通して、異文化理解能力を養成します。
教科書を使用せず、様々な資料(新聞記事の抜粋、音声資料、映像資料)を元に学びます。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。