【前学期,2~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館301室】This class looks at 20th-century and contemporary English fiction. The main focus will be the experimental aspect of the Modernist period and beyond, looking at such ideas as stream of consciousness, time and narrative and intertextuality.
20世紀から現代のイギリス小説(連作短編小説を含む)を取り上げる。モダニズム期以降の小説の実験性に注目し、意識の流れや時間の操作の技法や、パスティーシュ、パロディなどの間テクスト性について理解する。伝統的な物語が解体された20世紀以降のフィクションとその時代の持つ意味を考える。
【後学期,3年,英語圏言語文化コース(英語学),2単位,,共通講義棟1号館404室】In this course, students will learn in detail the process of making their graduation theses. We will deal with the ways of selecting good topics, gathering important previous studies, summarizing the previous studies appropriately, developing students' own ideas and expressing their own ideas an hypotheses effectively. Students will choose a tentative topic, read some previous studies and try to write a 10-page mid-term paper in English by using the format for the graduation theses so that students will be able to have specific images of their own graduation theses.

本演習では卒業論文の製作過程に関する詳細を扱う。良いトピックの選び方、先行文献の収集方法、先行文献のまとめ方(剽窃に関する講義を含む)、卒論に関する各自の仮説の立て方について詳しく講義を行う。さらに卒業論文につながるような各自のトピックを選び、先行文献を収集し、先行文献のまとめを英文で行い、卒論で扱いたい内容について考察を深め、10ページのミニ卒論にまとめる。優秀なミニ卒論に関してディスカッショングループを作り内容の発表を行うことで、ミニ卒論の書き方に関して批評を行い、よい卒業論文の作成に関する理解を深める。
【前学期,3~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館404室】The main goal of this course is to cultivate students’ ability to discover and solve problems related to meaning by working through published papers in three separate empirical areas of semantics.
【後学期,3~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館301室】 特別演習(言語研究方法論)Iで学んだ言語分析の手法を基に、統語論および意味論の諸問題をより具体的かつ批判的に理解することを目標とする。統語論および意味論の文献をいくつか取り上げ、具体的な分析方法を比較検討する。授業は、担当者による講義と受講者による発表により討論形式で進める。積極的な討論への参加が求められる。
 The goal of this class is to enable students to investigate issues in syntax by critically reviewing previous proposals on specific phenomena. Students are required to give a presentation of some parts of a research paper and to take part in classroom discussion.
【後学期,3~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館404室】We will consider why and how human beings are able to acquire their native language by reading and discussing important previous studies on children's language acquisition. Students will also learn basic methods to examine children's linguistic knowledge so that they will be able to conduct their own research for their graduation theses. We may deal with some studies on second language acquisition depending on students' interests.

子供の言語習得に関するこれまでの研究成果と研究方法について学び、人間はなぜ言語を習得できるのかに関して考察を進め、受講者自身が今後言語習得研究計画の組立ができるようになることを目標とする。受講者の興味に応じて、第2言語習得(大人の外国語習得)に関する論文も扱う場合がある。
【後学期,3年,英語圏言語文化コース(英米文学),2単位,,共通講義棟1号館403室】This course is designed for students to offer an opportunity to write a mock-graduation thesis. They will learn in detail about the ways of choosing a good topic, evaluating and finding sources, developing and expressing their own ideas avoiding plagiarism, and making a convincing argument. They will choose a tentative topic on a literary work, conduct secondary-source research, read relevant articles and/or books critically, and write a 10-page paper in English in the MLA format.
本演習では卒業論文の製作過程について学習する。トピックの選び方、文献の評価の仕方や調査の方法、自身のアイデアを発展させ、剽窃・盗用を犯さず表現し、説得的な議論を進めるための方法を学習する。文学作品について卒業論文につながるようなトピックを各自で選び、先行文献を収集し、二次資料を批判的に扱いながら、MLAフォーマットを用いて10ページのミニ卒論にまとめる。
【後学期,3~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館402室】This course will provide the opportunity for students to develop advanced writing and speaking skills for the academic context. The topic of the course is film and literature and students will explore questions such as: What themes are prevalent in the work of Hayao Miyazaki? Is Top Gun really a propaganda film? How is gender explored in Stephen King's 'Carrie'? Ultimately, students will research, develop, discuss and then write an argumentative essay about a film, animation or literary work of their choice.
この授業は、学生が学術的状況においてライティングとスピーキングの能力をより向上させることができるような機会を与える。授業のテーマは文学と映画で、学生は例えば、疑問を探求することになる:「宮崎駿作品の根底にあるテーマは何か」「トップガンは本当に政治的意図を持つ映画なのか」「スティーブン・キングの “Carrie”ではどのようにジェンダーが扱われているか」等。最終的には、学生は自ら選択した文学作品やアニメーション、映画に関して調査や議論を行い、argumentative essay(議論のエッセイ)を書く。
【前学期,2~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館308室】English is now a global language. This class will focus on the ways in which the changing ways English is used may influence the ways in which English is taught. Students will consider both theoretical and practical issues connected to the concept of the 'native speaker', World Englishes, and English as a Lingua Franca.
【後学期,2~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館301室】This course serves as an introduction to applied linguistics research by focusing on two different but important areas. Firstly, we focus on vocabulary learning and teaching, with a specific focus on cross-linguistic similarities and differences. Secondly, we focus on the use of English tests in Japan, particularly regarding university entrance exams. The course is made up of readings, mini-lectures and interactive activities. The final assignment requires students to write two short essays: one focusing on vocabulary and the other on entrance exams.
【1学期,1年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館202室】英文法の考察を通して言語の規則性・普遍性について学び、言語を体系的に捉える訓練を行う。あわせて英語特有の性質についても理解を深め、英語力の向上を目指す。
【2学期,1年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館202室】英文法の考察を通して言語の規則性・普遍性について学び、言語を体系的に捉える訓練を行う。あわせて英語特有の性質についても理解を深め、英語力の向上を目指す。
【1学期,2年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館301室】The goal of this course is to gain a basic understanding of the researches on children's first language acquisition based on the theory of generative grammar. We will deal with various chapters of Crain and Lillo-Marin (1998) An Introduction to Linguistic Theory and Language Development, Blackwell Publishers. Students are supposed to read each chapter before the class and confirm their understanding of the chapter in the class. The instructor will provide handouts and supplements in each class.

言語の仕組みに関する基礎知識を土台に、子供の言語習得を中心に据えた考察を行う。これまでの言語習得研究を概観し、子供はどのように母語を習得できているのかについて具体例を検討しながら考察する。テキストにはCrain and Lillo-Marin (1998) An Introduction to Linguistic Theory and Language Development, Blackwell Publishersの一部を使用する。授業で扱う章は前もって配布するので、授業までに該当箇所を読んでおき、授業内で各自の理解を確認すること。授業内でハンドアウトや補足資料を配布するため極力欠席しないこと。毎回の授業の終わりに授業内容のコメントペーパーを提出してもらう予定である。
【2学期,2年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館301室】The goal of this course is to gain a basic understanding of the researches on children's first language acquisition based on the theory of generative grammar. We will deal with various chapters of Crain and Lillo-Marin (1998) An Introduction to Linguistic Theory and Language Development, Blackwell Publishers. Students are supposed to read each chapter before the class and confirm their understanding of the chapter in the class. The instructor will provide handouts and supplements in each class.

言語の仕組みに関する基礎知識を土台に、子供の言語習得を中心に据えた考察を行う。これまでの言語習得研究を概観し、子供はどのように母語を習得できているのかについて具体例を検討しながら考察する。テキストにはCrain and Lillo-Marin (1998) An Introduction to Linguistic Theory and Language Development, Blackwell Publishersの一部を使用する。授業で扱う章は前もって配布するので、授業までに該当箇所を読んでおき、授業内で各自の理解を確認すること。授業内でハンドアウトや補足資料を配布するため極力欠席しないこと。毎回の授業の終わりに授業内容のコメントペーパーを提出してもらう予定である。
【1学期,3年,英語圏言語文化コース,1単位,,文教育学部1号館301室】「英文法演習」に引き続き、英文法の知識を比較的最近の生成文法理論の観点から捉える訓練を行う。主に統語論の諸問題に焦点を当てて、英語の統語規則について理解を深める。数多くの言語資料に接することにより、様々な構文の背後にある規則性を発見する手順を身につけることが主な目標となる。
This class is a continuation of “Seminar: English Grammar” and continues to pursue the general goal, i.e. reshaping the knowledge of English grammar from the perspective of generative grammar. By focusing on the issues in syntax, students will deepen their understanding of the sentence structure of English. By looking at a variety of linguistic data, students should be able to acquire skills to discover rules governing syntactic phenomena.
【2学期,3年,英語圏言語文化コース,1単位,,文教育学部1号館301室】「英文法演習」に引き続き、英文法の知識を比較的最近の生成文法理論の観点から捉える訓練を行う。主に統語論の諸問題に焦点を当てて、英語の統語規則について理解を深める。数多くの言語資料に接することにより、様々な構文の背後にある規則性を発見する手順を身につけることが主な目標となる。
This class is a continuation of “Seminar: English Grammar” and continues to pursue the general goal, i.e. reshaping the knowledge of English grammar from the perspective of generative grammar. By focusing on the issues in syntax, students will deepen their understanding of the sentence structure of English. By looking at a variety of linguistic data, students should be able to acquire skills to discover rules governing syntactic phenomena.
【1学期,2年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】教科書に沿って古英語の時代からロマン主義までの英文学史を概説する。各時代の英文学をその社会的・文化的背景と照らし合わせて歴史的に概観することで、英文学をより深く知ることが目標である。Shakespeareと18世紀の小説については、それぞれアクティブ・ラーニング・アワーとして、教科書を参考に自分の好きな作品を一つ決めて読み、ブックレポートを作成する。
【2学期,2年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】教科書に沿って古英語の時代からロマン主義までの英文学史を概説する。各時代の英文学をその社会的・文化的背景と照らし合わせて歴史的に概観することで、英文学をより深く知ることが目標である。Shakespeareと18世紀の小説については、それぞれアクティブ・ラーニング・アワーとして、教科書を参考に自分の好きな作品を一つ決めて読み、ブックレポートを作成する。
【1学期,2~4年,英語圏言語文化コース,1単位,,文教育学部1号館301室】この授業では、イングランドのルネサンス文学を代表する詩人・劇作家であるウィリアム・シェイクスピアの喜劇『十二夜』を演習形式で精読することで、以下のような学びを得ることを目標とします。

1)初期近代英語を原文で読める英語読解力を身につける。
2)初期近代イングランド演劇の文化的背景について、該博な知識を身につける。
3)文学作品を批評的に読み、それを発信する力を身につける。
【2学期,2~4年,英語圏言語文化コース,1単位,,文教育学部1号館301室】この授業では、イングランドのルネサンス文学を代表する詩人・劇作家であるウィリアム・シェイクスピアの喜劇『十二夜』を演習形式で精読することで、以下のような学びを得ることを目標とします。

1)初期近代英語を原文で読める英語読解力を身につける。
2)初期近代イングランド演劇の文化的背景について、該博な知識を身につける。
3)文学作品を批評的に読み、それを発信する力を身につける。
【1学期,3年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館205室】This course is the first half of the two survey courses of critical theory, which is designed to introduce Structuralism, Post-structuralism/Deconstruction, Postmodernism, Psychoanalysis, Feminism, and Queer Theory. You are supposed not just to memorize major writers and their works, but rather to consider how you can use key concepts and critical methods to read and analyze literary works.
批評理論を概観する授業の前半です。構造主義、ポスト構造主義・脱構築、ポストモダニズム、精神分析、フェミニズム、クィア理論を扱います。ただし、授業の目的は主要な批評家やその作品などについて単に暗記することではなく、文学作品そのものをどのように生産的に読み解いていけるかを考えるためのツールとして、批評理論をとらえるということを基本的な姿勢としたいと思います。