【2学期,3年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館205室】"Theory"と呼ばれる 批評理論の概略を学び、文学・文化研究の基礎とするとともに、自分独自の問題意識を持って文学・文化的テキストに取り組む方法を探求します。
【1学期,3年,英語圏言語文化コース,1単位,,共通講義棟1号館205室】"Theory"と呼ばれる 批評理論の概略を学び、文学・文化研究の基礎とするとともに、自分独自の問題意識を持って文学・文化的テキストに取り組む方法を探求します。
当面の間、英文コースの掲示板として使用します。
コースに関する各所お知らせはここに載せますので、定期的に確認してください。
【後学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館307室】言語の規則性・普遍性を意味の面から考察し、意味論の基礎知識を身に付けることを目標とする。「語の意味から文の意味がどのように導き出されるのか」という問題に焦点を置き、主に英語の例を用いて、語の意味・文の意味・その両者の関係について学ぶ。
【前学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館204室】In this class we focus on pronunciation in English. Although people often consider pronunciation to be the most reliable indicator of spoken proficiency, English language courses tend to neglect teaching pronunciation. In this class, therefore, students will pay attention to the features of pronunciation of the English language, especially intonation patterns and features of connected speech. Students will practice and record their own speech and assess one another's accuracy in pronunciation. Students will also learn how to the transcribe English phonemes using the International Phonetic Alphabet. In short, this is a practical course in English pronunciation that will help students to develop awareness of phonetics and to gain confidence in their pronunciation.
【後学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館308室】 英文法の知識を最近の生成文法理論の観点から捉える訓練を行う。主に統語論の問題に焦点を当てて、英語の基本的な文構造に関する理解を深める。数多くの言語資料に接することにより、様々な構文の背後にある規則性を発見する手順を身につけることが主な目標となる。3年次に開講される「特別演習(言語研究方法論)I」における学習の準備段階の授業と位置づけられる。
 The goal of this class is to enable students to reshape their knowledge of English grammar in terms of theoretical linguistics, especially a relatively recent version of generative grammar. By focusing on the issues in syntax, students will deepen their understanding of the sentence structure of English. By looking at a variety of linguistic data, students should be able to acquire skills to discover rules governing syntactic phenomena. The second half of the textbook will be dealt with in “Advanced Seminar: Methodology in Linguistic Research I.”
【前学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,共3-105【1講】】In this class we focus on English writing in academic genres. We read articles focused on issues of 'belonging to a group' and 'gender in society'. The topics are the same as in Eikaiwa Enshu Shokyu, so students will be able to deepen their understanding as well as recycle their academic vocabulary across the two courses. We use the first half of the textbook in this class, and the second half in the second semester (Sakubun Enshu Chukyu). All in all, the Sakubun and Eikaiwa courses make up a stimulating, integrated language learning experience that you are sure to find rewarding.
【前学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館101室】This class will help students to develop speaking and listening skills in the academic context. We will listen to short academic lectures and students will lead discussions and give presentations on a variety of issues related to ‘life and society’ throughout the course. The topics are the same as in Sakubun Enshu-2, so students will be able to deepen their understanding as well as recycle their vocabulary across the two courses. We use the first half of the textbook in this class, and the book will continue in Eikaiwa Enshu 2. All in all, the Sakubun and EiKaiwa courses make up a stimulating, integrated language learning experience that you are sure to find rewarding.
【後学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,共3-105【1講】】This class will help students to develop speaking and listening skills in the academic context. We will listen to short academic lectures and students will lead discussions and give presentations on a variety of issues related to 'life and society' throughout the course. The topics are the same as in Sakubun Enshu chukyu, so students will be able to deepen their understanding as well as recycle their vocabulary across the two courses. We use the second half of the textbook in this class, and the first half in the first semester (Eikaiwa Enshu shokyu). All in all, the Sakubun and Eikaiwa courses make up a stimulating, integrated language learning experience that you are sure to find rewarding.
【前学期,3~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館402室】This class focuses on debate and discussion of research issues/social issues. The main aim is to develop students’ fluency, research and speech organization skills both in individual and small group tasks, and to teach skills needed for successful discussion/debate.
【前学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館301室】The class will look at short stories ranging from the 19th century to contemporary period. The class covers the themes such as narrative structure, short story conventions, and the social background of each story. The students will learn to analyze the stories in detail and to present their own understanding in oral and written form.
19世紀から現代の短編小説を精読する。ナラティヴ構造や短編の諸様式を学び、時代や地域に応じたテーマの変遷や形式の多様性を理解することが目標となる。
【後学期,3~4年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館301室】As a sequel to Advanced Seminar I, you learn literary and critical theories in preparation for your graduation theses. This course focuses on Marxist Criticism, New Historicism, Postcolonial Criticism, and Narratology. As for Narratology, a short report is required instead of presentation.
特別演習(英米文学研究方法論)Ⅰ に引き続き、卒業論文の作成を視野に文学理論と批評理論を学ぶ。本授業では、マルクス主義批評、新歴史主義批評、ポストコロニアル批評、物語論を主に扱う。物語論については一部ALHレポートに代える。
【後学期,2~3年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館205室】意味論、語用論の基礎知識に基づき、数多くの言語資料を用いて、言語の意味における普遍的特徴を探る訓練を行う。
この演習を通して興味を持てる研究課題を探し、独自の着眼点を見つけることを目標とする。
【後学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館102室】The class overviews the history of English literature from the late eighteenth century to the contemporary period. We will look at the works of the important writers and their historical background, using excerpts from novels, poems and dramas.
18世紀後半の小説から現代英語圏文学までの流れを、小説、詩、演劇の各ジャンルの代表的作品に英語原文で触れながら概観する。文学史の基本的知識を身に付け、各時代の代表的文学作品の特徴とその社会的・文化的背景と英語文学の広がりを理解することが目標となる。
【後学期,2年,英語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館301室】アメリカの小説/劇作家Susan Glaspellによる短編小説“A Jury of Her Peers” (1917)およびその戯曲版Trifles (1916)を、家族・ジェンダー・階級などの問題について考えながら読む。同時に、小説および戯曲の形式と構造、内容を比較分析し、その意味を読み解く。さらに、戯曲の上演について、上演当時の社会/演劇状況にも目を配り、本作品のもつ社会的な意義についても考察する。
【3学期,2~4年,英語圏言語文化コース,1単位,,文教育学部1号館301室】アメリカの小説/劇作家Susan Glaspellによる短編小説“A Jury of Her Peers” (1917)およびその戯曲版Trifles (1916)を、家族・ジェンダー・階級などの問題について考えながら読む。同時に、小説および戯曲の形式と構造、内容を比較分析し、その意味を読み解く。さらに、戯曲の上演について、上演当時の社会/演劇状況にも目を配り、本作品のもつ社会的な意義についても考察する。
【4学期,2~4年,英語圏言語文化コース,1単位,,文教育学部1号館301室】アメリカの小説/劇作家Susan Glaspellによる短編小説“A Jury of Her Peers” (1917)およびその戯曲版Trifles (1916)を、家族・ジェンダー・階級などの問題について考えながら読む。同時に、小説および戯曲の形式と構造、内容を比較分析し、その意味を読み解く。さらに、戯曲の上演について、上演当時の社会/演劇状況にも目を配り、本作品のもつ社会的な意義についても考察する。
【前学期,2年,言語文化学科 b,2単位,,文教育学部1号館301室】西欧の演劇論および英語圏の演劇戯曲を複数読み、比較検討する。戯曲の読み方に慣れ、セリフの口語的な表現を理解し解釈することで、英語の運用能力を養うとともに、舞台装置や空間をも含めた分析・解釈の方法論を学び、文化史および演劇史的な文脈から、作品を総合的に位置づけることを目標とする。