【後学期,1~2年,全学科,2単位,,理学部3号館701室】生命や環境に関する話題をオムニバス形式で紹介し、急速に進展するこれらの科学を概観する。講義の他に簡単な実験やワークショップを行うことで、実感を伴って生命観・環境観を修得することを目指す。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館304室】本授業は、生命に関わる倫理的問題が法とどのような関係にあるのか、法はそのような問題やジレンマにどのように対処すべきなのかについて考察することを目的とする。方法としては、生命倫理と法をめぐる諸問題について具体的な裁判例を検討しつつ、全員でディスカッションを行うという形で授業を進めていく。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟2号館102室】生物多様性とは何か、人間との関係はどのようなものか。人類の存在・存続と密接な関係にある生物多様性を、自然科学と人間活動との両面から複合的に理解することを目指す。中学の理科の知識を基盤として自然と人間活動をどこまで見通すことができるかに挑む、半分理科・半分社会科の内容。
人間活動の影響は地球の全域に及び、高度な科学技術は日常生活に浸透している。このような時代の中、科学的な考え方を基盤にして社会問題の解決に立ち向かう素養の向上を目的とする。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館304室】人類は生物種の一つであり、生物としての基本的属性を有する。生物としてのヒトの特性を明らかにするとともに、その由来についても研究するのが「生物人類学(自然人類学)」である。主にヒトを理解する基盤としての哺乳類・霊長類の特徴や人類の起源と進化について、また「人種」、および日本人の起源と形成について解説し、あわせて「生物人類学(自然人類学)」の導入的理解を図る。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館102室】 授業期間を前半、後半に分けて、それぞれ異なる対象を取り上げ、「化学的な立場から見た環境科学」に関して講義をした後、少人数のグループに分かれて講義の内容にそった課題について調査し、発表/討論する。前半は「物質化学の立場から見た環境科学ー化学物質による環境汚染と環境浄化ー」について、後半は「生化学の立場から見た環境科学ー生命に影響を与える環境因子ー紫外線の生物への影響、大気汚染」等について、重点を置く。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館304室】私たちの住む惑星・地球やその衛星である月,そして他の惑星や衛星,小天体などを包含する太陽系に関して,それぞれの天体の特徴や成り立ちと,それらを形作る様々なしくみについて理解する.また,近年発見が相次ぐ太陽系の外に広がる他の惑星系や,手の届かない天体を知るための方法論についてその現状を知り,我々を取り巻く広大な世界がどのような姿をしているのかを考える.
【前学期,1~4年,三菱UFJ環境財団寄附講義,2単位,,】 環境省の第五次環境基本計画(2018年4月~)では、地域循環共生圏を具現化し、創造していく政策目標が大きく打ち出されている。この講義では、地域循環共生圏の創造に向けた「食環境と有機物循環」、「健全な水環境の創出」に関するテーマを取り上げ、定量評価と社会実装の両方の取り組みを学ぶことを通し、自身で考え行動できるための知恵の習得を目指すことを目的とする。
 加えて、多発する自然災害、首都直下型地震や南海トラフ地震に代表される大規模自然災害に対応できる強靭な地域づくりは、東日本大震災以降、生活環境学の分野においても重点課題として位置付けられている。この講義では、「自然災害と生活環境」に関連するテーマを取り上げ、今後の取り組みの在り方を議論し、考える場を提供する。
 13回の講義の他にActive Learning Hour(ALH)を設定する。先進的な環境事業に取り組んでいる現場を見学し、ディスカッションを行う。社会構造や地球環境の変化に対応するため、公共インフラとサービスをどのように運営しておくことが求められるのか、そのパイオニアとして事業に挑戦している現場を体感できる機会を設ける。
【後学期,1~4年,三菱UFJ環境財団寄附講義,2単位,,】私たちが暮らす社会では、様々な科学的な知見によって社会の仕組みが成り立っている。私たちの社会は、科学・科学技術の成果を大いに享受し、科学の知見を貴重な共有財産とする、「高度に科学化された社会」といえるであろう。したがって科学・科学技術の問題は一部の専門家だけしか関係がないような特殊な問題ではなく、あらゆる市民がそれと抜き差しならない関係を持っているような問題である。とりわけ環境問題は、科学の知見を大いに必要としていると同時に、現在の科学の知見を持ってしてもすべてが解明されているとはいえず、その中で社会の仕組みを作っていかなければならない。
この講義では、環境問題にはこんなものがありますよ、ということを単にバラバラな知識として学ぶことを目的としているのではなく、個別の問題はあくまで例として取り上げるにすぎない。この講義がねらいとするのは、環境問題にかかわる科学の不確実性、科学と社会の関係や、その中で生じる利害対立構造、科学や科学技術に関する社会的な意思決定といった事柄を学び、環境問題を巡る社会の大きな構造を理解し、また科学的に解明されていない点の多い環境問題についての集団的決定をどのようにすればよいのかをひとりひとりが考える機会を提供することにある。
この講義は、上記のようなことを概観するパート(講義の始めと終わり)、あるテーマを様々な視点から考えるパートに大きく2分される。今回、テーマとしては新型コロナウイルス感染症と地球温暖化をとりあげる。
この科目は講義ではあるが、毎回の授業の最後に可能な限り、自分で考える時間、ディスカッションする時間を設け、将来社会へ出たときに自ら考え行動できる基礎を作ることを目指す。
なお、13回の講義の他にALHとして学生の能動的な活動を確保する。ここで予定している学外実習はてんぷら油リサイクルバスを使った日帰り森林保全体験ツアーである。NPO法人JUON Networkの協力により、埼玉県神川町での森林保全体験、森林間伐材を使った割り箸を作っている障害者福祉施設の見学、環境保全型・福祉重視型活動を行っている飲食チェーンの工場見学、国産有機大豆を使った味噌醤油工場の見学を予定している。
【前集中,1~4年,全学科,2単位,,】海洋、特に沿岸の自然環境計測(アセスメント)の基礎となる野外観察技術の習得を目的とする。ダイビング技術,水中観察・記録技術の習得を行い,海洋の生物や地形などの環境を計測するためのスキルを身に付ける。
 
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,文教育学部1号館301室】地図を「読み」ます。テレビの天気予報における天気図だけでなく、携帯電話やカーナビゲーションでの住居表示地図、インターネットでのグーグルアースなど、地図は私たちの身近にあふれています。しかし、地図を「読む」ことは、「見る」ことと同じではありません。地図を一冊の大切な本のように熟読し、知らない土地を地図から想像し、地図を見ながら町を歩き、各自の生活圏を記憶とともに地図で語ってもらいます。授業終了後、あなたが地図好きに変身していたら、目標達成です。
【前集中,1~4年,三菱UFJ環境財団寄附講義,2単位,,】安定しているはずの海の環境も人間の活動により大きな影響を受けている。海の環境の体験的な理解をもとに、人間の活動が及ぼす海への影響を考える。環境問題について、生物科学的な側面も踏まえ、より深く正確に考察することを目指す。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟2号館102室】生命体はそれを取り巻く環境との調和のもとに成り立っている。生物個体は環境の変化を捉えることで、それに適応し、生き延びてゆく。生き延びた生命体は、構成する要素として機能することで環境を自らの生存戦略に取り込むことができる。「色・音・香」は環境からの情報を生命体にもたらす働きをする。それらの実態はどのようなものなのか。生命活動と、色(光)・音・香の関わりについて考えてみる。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,理学部3号館701室】コンピュータは科学技術の中枢的存在であるだけでなく、日常生活を支える社会基盤でもあり、また娯楽や芸術を発展させるツールとしても貢献しています。 つまりコンピュータとは、それ自体がリベラルアーツ的な存在であり、これを文理融合的な側面から議論することには高い意義があると考えられます。
本講義では、コンピュータが創る色と音、具体的には映像と音響の仕組みについて、理系学生のみならず文系・芸術系を含む多くの分野の学生に理解できるように、平易に解説します。
本講義ではまず、コンピュータの仕組みについて簡単に解説します。 続いて、コンピュータが創り出す映像の仕組み、具体的には写真・ビデオ、コンピュータグラフィックス(CG)について解説し、さらにはCG技術に関係ある美術に関しても論じます。 続いて、コンピュータが作り出す音響の仕組み、具体的にはデジタルオーディオ機器の仕組みやコンピュータミュージックについて、音楽理論や楽器の仕組みを踏まえて深く論じます。 さらには、これらをインターネットで検索・配信する仕組みについても解説し、最後にこれらの技術がもたらす社会的な影響・課題、キャリアデザインとの関連性について議論します。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟2号館201室】色彩に関する基礎的な知識および理論をはじめ、配色や色彩構成などを服飾と色彩の関係を通して学ぶとともに、得た知識を社会や生活の中で応用する能力を身につけることを目指す。また色彩を通して、さまざまな服飾表象を多面的に分析することにより、色彩が持つ社会的・文化的な意味を理解する。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,】人間は環境をなんらかの感覚によって「知覚」し,それをその人なりの方法で「認知」しています。ここでの「知覚」とは,視覚や聴覚、触覚などによって環境からの情報を物理的に受け取ること,「認知」とはその受け取った情報を、なんらかの手法によってプロセスし、ひとつの「像=イメージ」として実感することを意味します。
 本講義では,そのように知覚・認知された環境と人間の行動,快適性の関係について,事例に基づき解説します。それらの実例を通じ,環境のデザインがどのように人間の行動や快適性に影響を与えるのか,またより良い環境デザインのあり方について、考えます。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟2号館101室】本講義では,感情とは何か,私たちの心理的健康や社会生活において感情がどのような役割を果たしているのかということを理論,実証研究および臨床実践といった様々な観点から学びます。
【後学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館301室】日常に潜む法的諸問題について、毎回、具体的で簡単な事例を通して考察し、法の基本的な考え方、法に貫かれる基本精神、法的思考の基礎を学ぶ。具体的な法的問題に対して、法はいかなる態度を取るのか、なぜそのような態度を取るのか、を論理的かつ構造的・多面的に捉えることを通じ、法的な思考を学ぶに留まらず、物事を論理的かつ構造的かつ多面的に捉えることを目標とする。特に、日常生活にまつわる貴女の平穏を保護するとはどういうことか、平穏を脅かすものに対して、法はいかなる制度を持っているのか、などについて、具体的な事例を通じ、わかりやすく考える。社会を生きていく中で、柔軟で構造的な視座を持つことへの助けとなることを目指す。
【前学期,1~4年,全学科,2単位,,共通講義棟1号館202室】現在の物質文明を支える科学と技術の過去を様々な視点から捉えることによりそこに関連性を見出すこを主題として、その目的は、世界史、政治経済、思想倫理、物理や化学など、そもそも人間活動である様々ことがらを、物質という側面からその関連性を見出して行く。特に、技術のドライビングフォースとなる、科学は真実へのアプローチの方法または考え方であることも議論したい、これらのことは、物質文明と言いう問題のみならず、履修学生それぞれの専門分野でも実践することを可能である。