【2学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,生活科学部本館125室】人間関係を主題とすることは、自分自身の過去、現在、未来の人との関わりについて考えることにつながる。そして人と人との関係がどのような意味を内包するものであったらよいのかと、考え対話することが平和構築の礎となる。本授業を通して、下記について考察できる視点と洞察力を学ぶ。
・子どもが人との関わりを通して、どのような価値観を得ているのか考察できる。
・子どもと大人の関係性について展望できる。
・子ども同士、子どもと大人の関係の在り方について考察できる。
【1学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,生活科学部本館125室】人間関係を主題とすることは、自分自身の過去、現在、未来の人との関わりについて考えることにつながる。そして人と人との関係がどのような意味を内包するものであったらよいのかと、考え対話することが平和構築の礎となる。本授業を通して、下記について考察できる視点と洞察力を学ぶ。
・子どもが人との関わりを通して、どのような価値観を得ているのか考察できる。
・子どもと大人の関係性について展望できる。
・子ども同士、子どもと大人の関係の在り方について考察できる。
【4学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,生活科学部本館125室】<比較子ども学への入門> (2)ではアジア地域の子どもについて学んだことを基礎に、ユネスコ・ユニセフ、OECDなどが進めている国際比較調査研究からさらに学びたいと思います。子どもとらえる視点、何のための調査かを各回の講義+ミニ演習でともに考え深めましょう。
【3学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,生活科学部本館125室】<比較子ども学への入門> (1)ではアジア地域の子どもに視野を広げ子どもを捉える視角を、通時的に、また地域横断的にも捉えてみたいと思います。比較参照のために場合によって欧米のケースを入れることがあります。子どもをめぐる様々な問題を各回の講義+ミニ演習でともに考え深めましょう。
【後学期,1~4年,子ども学コース,2単位,,共通講義棟1号館102室】 おもに幼稚園、認定こども園の教育・保育施設における保育者の職務、倫理観、評価等に関する一般的な知識を学ぶ。幼稚園教育要領の内容と歴史、保育者の専門性、諸外国の就学前教育との違いについても学ぶ。
【1学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,大会議室(人間文化研究科棟604室)
子どもと教育に関して、様々に危機があることは日々多様な局面で繰り返し語られている。次から次に求められる喫緊の問題を冷静に対処するためには、「事態を大きな文脈の中で見ることを可能にする広範な知識を常識的に流通する固定観念に縛られない自由な発想法を必要とする」。それには長期的かつ短期的な時間軸の変化に注目しながら、ローカルな地域に焦点をあてつつ、グローバルな視野を持つことが不可欠である。現代社会の状況を理解し、社会の変化が子ども・教育・家族・学校にもたらす影響とそこからどのような課題が生じているのか。さらにそれにどうのように対応してきたのか。子どもをめぐるミクロ・ポリティクスとマクロ・ポリティクスの両面から考えることを学ぶ。
【2学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,文教育学部1号館201室】子どもと教育に関して、様々に危機があることは日々多様な局面で繰り返し語られている。次から次に求められる喫緊の問題を冷静に対処するためには、「事態を大きな文脈の中で見ることを可能にする広範な知識を常識的に流通する固定観念に縛られない自由な発想法を必要とする」。それには長期的かつ短期的な時間軸の変化に注目しながら、ローカルな地域に焦点をあてつつ、グローバルな視野を持つことが不可欠である。現代社会の状況を理解し、社会の変化が子ども・教育・家族・学校にもたらす影響とそこからどのような課題が生じているのか。さらにそれにどうのように対応してきたのか。子どもをめぐるミクロ・ポリティクスとマクロ・ポリティクスの両面から考えることを学ぶ。
【3学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,文教育学部1号館301室】主題:明治期から現代にかけての幼児教育制度の歴史的変遷をたどることをとおして、現在の幼児教育制度に至るまでの背景を学ぶ。
目標:幼児教育に関する制度、関係法規の基礎的事項を理解する。幼児教育制度の変遷を、幼児教育(施設)の普及や社会や時代の文脈に即して理解する。
【4学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,文教育学部1号館301室】主題:幼児教育制度改革の動向と、幼児教育を支えるさまざまなしくみに関する事項をとりあげ、幼児教育制度の現状を知り、課題について考える。
目標:幼児教育を支えるしくみとしての制度(政策、行政も視野に入れて)の現状と課題を理解する。幼児教育のさらなる充実のための課題に対して、制度的観点から考えられるようになる。
【1学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】幼児期の教育・保育は遊びを通して行われる。幼児期の教育を語る上で欠くことのできない「遊び」について様々な角度から学び、遊びの中に学びがあることを理解する。
【2学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】「遊び」の中に学びがある。幼児期の教育・保育の基盤にあるのが「遊び」である。保育内容総論(2)では、幼児が遊ぶ姿の観察、豊かな学びをもたらす保育を創造する指導計画作成を行い、遊びの有用性について理解する。幼稚園教育要領等の中で重視されている「遊び」の意義を確認し、保育内容についての理解を深めることを目標とする。
【1学期,2~4年,子ども学コース,1単位,,文教育学部1号館201室】幼児教育とは何か考え、その基本的概念を学びつつ、現代の日本における多様な幼児教育の在り方やそれにかかわる専門家や場(家庭や園、施設、学校など)が実際にどのように関係しあっているのか概要を把握する。また海外や日本の幼児教育に関する思想や理論について理解し、現代の教育現場にどう引き継がれているのか理解する。
【2学期,2~4年,子ども学コース,1単位,,文教育学部1号館201室】幼児教育の歴史を学ぶことで、幼児教育の本質や目標、幼児教育という営みの意義を、具体的に説明できるようになる。幼児教育の概念や思想の歴史的変遷とその特徴を理解する。幼児教育、幼児教育施設に対する、社会や人びとの認識とその変遷を理解し、現代における幼児教育の課題を考える歴史的観点を習得する。
【3学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,生活科学部本館124室】主題:乳幼児期の発達について具体的な実験や事例から学び、その特徴を捉える発達の理論を検討する。
目標:乳幼児期の発達的特徴を具体的なデータや事例から多角的に理解し、説明できるようになることを目的とする。
【4学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,生活科学部本館124室】主題:保育の日常の中における子どもの発達について、具体的な事例を分析し、発達や学習に関する心理学の理論・知見から検討する。
目標:保育の実践場面の事例を検討することから、保育の場における子どもの育ちと学びに対する理解を深め、具体的なかかわりを検討することができるようになることを目的とする。
【3学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】 おもに幼稚園、認定こども園の教育・保育施設における保育者の職務、倫理観、評価等に関する一般的な知識を学ぶ。幼稚園教育要領の内容と歴史、保育者の専門性、諸外国の就学前教育との違いについても学ぶ。
【4学期,1~4年,子ども学コース,1単位,,共通講義棟1号館102室】 おもに幼稚園、認定こども園の教育・保育施設における保育者の職務、倫理観、評価等に関する一般的な知識を学ぶ。幼稚園教育要領の内容と歴史、保育者の専門性、諸外国の就学前教育との違いについても学ぶ。
【前学期,3~4年,人間社会科学科,2単位,,文教育学部1号館201室】戦前から戦後にかけて、日本における保育や子どもに関する価値観や実践内容がどう変わってきたのか、あるいは変わっていないのか、主に雑誌資料等を読み合いながら検討する。
【後学期,2~3年,人間社会科学科,2単位,,共通講義棟1号館402室】保育の理論と実践の基底にある子ども観、保育という制度を成立させている諸条件、保育・保育者の意義や役割責任を、歴史という時間軸および社会文化という空間軸で俯瞰し、それらの変化と連続性、普遍性を探究することにより、保育に何が求められてきたか、保育はどこへ向かおうとするのか、保育の可能性と今後の課題を検証したいと思います。
【前学期,3~4年,人間社会科学科,2単位,,①文教育学部1号館308室 ②生活科学部本館127室】子どもをとりまく世界がどのように変貌しているのか、時空にとらわれることなく広い視野から考えることを試みたいと考えています。
そして、執筆や研究の進め方について学習することを目的としていますが、まずは、共通テキストを元に演習を進めていきたいと考えています。