【後学期,2~4年,心理学コース,2単位,,共通講義棟2号館102室】感情(感情に関する諸理論、感情の測定、感情喚起の生起メカニズム、感情と行動との関連性等)と人格(人格に関する諸理論、人格の測定、人格の形成要因と発達変容、人格障害等)に関する基礎的な心理学的事項について学びます。
【通不定期,4年,心理学コース,8単位,,】心理学コース主プログラム履修の集大成として、卒業論文をまとめ上げる。卒業論文研究においては、指導教員と相談のうえ、実験・調査の立案、文献研究、調査・実験の実施、データ解析、論文執筆を行う。
【後学期,2年,心理学コース,2単位,,共通講義棟2号館101室】教育心理学入門:教育心理学の基礎事項を学ぶ
教育心理学は、発達や学習に関する心理学の理論や概念をもとに、家庭・保育/教育諸機関・地域/行政機関などの教育の“現場”との協同を経て、養育・保育・教育の改善に役立つ理論的・実践的知見を生み出す学問領域です。本講義では、「学習の基礎的メカニズムとプロセス」「発達」「測定と評価」「障害(特別支援)」の4つの観点から、教育心理学の基礎的事項を習得することを目標とします。
【前学期,2年,心理学コース,2単位,,共通講義棟2号館101室】社会心理学の研究の内容と方法について概説する。社会心理学における個人、集団、社会に関する3つの分野とともに、家族心理学に関する内容も含まれる。
【後学期,2~4年,心理学コース,2単位,,共通講義棟2号館102室】誕生から死に至るまでの生涯における心身の発達を扱う。発達心理学の基礎的な理論を把握したうえで、幼少期を中心に高齢期にいたるまでの、認知・言語、社会・情動、身体の発達を軸に説明する。非定型発達の基礎的知識についても取り上げる。どのような研究手法でこれらの知見が蓄積されてきたかという観点、また、実際の生活にみられる姿という観点の両方から生涯発達を捉えられるようになることを目指す。
【後学期,2年,心理学コース,2単位,,共通講義棟2号館101室】人間の認知過程(知覚・注意・記憶・思考・感情など)について概説します。簡単なデモンストレーションを通して体験的に学びます。人間の認知過程についての基本的知識を説明できるようになること,および身近な問題について認知心理学の視点から考察できるようになることを目標とします。
【後学期,2年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館125室】心理学諸領域に関する心理測定・実験・調査の基本技術の習得を目的とする。各種目において、受講者それぞれが実験者や研究参加者(被験者)の立場をとりながらデータを収集し、実験レポートをまとめる。
【前学期,2~4年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館122室】【授業のテーマ】 子どもの発達に及ぼす養育環境の影響性
【授業の到達目標】
 子ども期の心理的な発達に対する家庭環境、保育・学校環境、地域環境、メディア環境の影響性について科学的に理解するための基礎的事項について学修する。
【授業の概要と方法】
 子ども期の社会情緒的発達や問題行動、精神障害の出現に関わる養育環境(家庭、保育・学校、地域、メディア環境)の影響性について、近年の心理学的知見に基づいて講義するとともに、関連する文献を割り振り、発表・討論をおこなう。
【後学期,2~4年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館127室】社会心理学の分野における基礎的な文献を講読し、社会心理学の研究知見、研究方法、論文の書き方、プレゼンテーションの仕方などについて学習を深める。
【後不定期,3~4年,心理学コース,2単位,,】発達心理学に関する演習を総合的に行い、発達心理学の卒業論文を書くための基礎技量を習得することを目的とする。最初に文献購読を行ったうえで、実験・調査実習と調査・実験結果の発表を通して、実験・調査を立案、実行、分析するための技能を身につける。コーディングやデータ分析演習(観察データなど含む)も行う。
【前学期,2~4年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館122室】発達心理学に関する演習を総合的に行う。発達心理学の基礎的な知見を文献を通して理解し、卒業論文を書くための基礎技量を習得することを目的とする。文献購読と、実験・調査実習と発表、コーディングやデータ分析演習等を行う予定である。
【後不定期,3~4年,心理学コース,2単位,,】健康心理学領域における論文の収集、講読、研究の立案・実施のための基礎事項を学び、研究立案から論文執筆にいたるプロセスを実習する。
健康心理学領域の研究方法を獲得する。
【後学期,2~4年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館127室】心身の健康に関わるテーマの文献を購読し、不適応的な心理や行動の発生・維持の要因とその研究方法について理解することを目的とする。同時に、上記領域における実証研究を批評的に考察することによって読み解く力を、プレゼンテーションやライティングによって自らの考えを発信する力を養う。
【後不定期,2~4年,心理学コース,2単位,,】認知心理学的な実験をおこなう技術を習得しながら,認知心理学の研究法を身につけることを目標とします。
コンピュータ言語Pythonと,Pythonを用いた実験用ソフトウェアPsychoPyなどの使い方を習得します。
データ分析やレポート執筆の訓練,および文献購読を通じて最新の認知心理学を知るための時間も設けます。
【後学期,2~4年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館126室】認知心理学的な実験をおこなう技術を習得しながら,認知心理学の研究法を身につけることを目標とします。
コンピュータ言語Pythonと,Pythonを用いた実験用ソフトウェアPsychoPyなどの使い方を習得します。
データ分析やレポート執筆の訓練,および文献購読を通じて最新の認知心理学を知るための時間も設けます。
【1学期,2年,心理学コース,1単位,,生活科学部本館124室】・心理学の諸領域の基礎的理論や研究についての専門書 (英文) を講読する
・英文講読の仕方,専門用語の理解,レジュメの作成法,ゼミでの討論の仕方などの習得を目標とする
【2学期,2年,心理学コース,1単位,,生活科学部本館124室】・心理学の諸領域の基礎的理論や研究についての専門書 (英文) を講読する
・英文講読の仕方,専門用語の理解,レジュメの作成法,ゼミでの討論の仕方などの習得を目標とする
【前学期,2年,心理学コース,2単位,,共通講義棟2号館102室】心理学の研究を行う上で必須となる,統計的なデータ解析手法に関する基礎的事項について学習する。各種の統計的な記述指標や分析手法における概念,意義,性質,および実際のデータに適用する際の注意点などについて的確に理解することを目的とする。
【前不定期,3年,心理学コース,2単位,,】心理学の主要領域(教育心理学、発達心理学、社会心理学、認知心理学、臨床心理学)に関する研究法の実験演習である。著名な実験や調査の英語論文の講読を通して、1)実証研究を批評的に読む、2)実験や調査の方法を学ぶ、3)研究結果を読み解く、4)個々の実証研究に対する考察を深める力を養う。さらに、図書館において、文献レビューに必要な文献検索の方法を学ぶ。
【前学期,2~4年,心理学コース,2単位,,生活科学部本館126室】障害は、すでに個の内在する固定的なものではなく環境との相互作用の中で生活上の支障が生じるという考え方が普及しつつある。障害とは何か、障害のある子どもの教育はどのようなものか、我が身に引き寄せて考えること同時に、大切である。ここでは達障害の代表的な自閉症スペクトラム、ADHD、LDなど、それぞれの障害の概念および特性を正しく学び、発達障害の理解を深めていくことを目的とする。