【後学期,1~2年,中国語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館302室】この授業は中国語の聴く力を鍛えることを主題とし、中国語の基礎学習をした上で、コミュニケーションを円滑に行うための聴く力を身につけることを目標とします。
【後学期,4年,中国語圏言語文化コース,2単位,,】この授業は、現代中国語の文法について卒業論文を作成する人のための授業です。中国語圏言語文化コース、中国語学で卒論を書く人は履修してください。授業の目標は、現代中国語の文法について理解を深め、論文を作成する技術を習得することにあります。授業で取り上げるのは、以下の論文作成、例文収集ツールです。CiNii、CNKI、Ochanomizu Search、Google Scholar、Endonote、CCL(北京大学語料庫)、BCC。さらに、各自の卒論のテーマに沿って集めた例文をエクセルを使ってしたり、論文の構成として適切なフォーマットの紹介、注や参考文献のつけ方を学びます。これらと平行して、各自の卒論のテーマに関係のある論文の講読とそれについての議論を行います。
【後学期,4年,中国語圏言語文化コース,2単位,,】中国古典文学を主題とする卒業論文を作成するための基礎知識と方法を学ぶ。
(主題の設定、先行研究に関する情報収集、関連資料の収集、それらの整理分析、論文の形式、等々)
【前学期,1~2年,中国語圏言語文化コース,2単位,,共通講義棟1号館302室】 本授業では、先秦から唐代までの中国古典文学を概説する。中国古典文学の基礎的な知識を習得し、その特徴と意義をよく理解する。具体的な目標は次の通りである。
 (1)中国古典文学(先秦~唐)における重要な概念を簡潔に説明できる。
 (2)中国古典文学(先秦~唐)の各ジャンルの発展過程とその特徴、代表的な作者、作品を大まかに述べることができる。
 (3)中国古典文学(先秦~唐)に反映される中国文化の特質について認識を深める。
【後学期,4年,中国語圏言語文化コース,2単位,,】 本授業は、中国古典文学に関する卒業論文を書くことを予定している学生のための授業である。卒業論文作成に関する基本的な事柄を学ぶことを主題とする。
【後学期,4年,中国語圏言語文化コース,2単位,,】近現代文学についてのテーマで卒論を書くために、関連論文の講読を行うとともに、卒論の進捗状況の報告を受け、論文作成に向けた指導、アドバイスを行う。
【後学期,3~4年,中国語圏言語文化コース,2単位,,文教育学部1号館306室】中国の児童向け映画『宝葫芦的秘密』(2007年)を鑑賞し、中国語字幕を日本語に翻訳することによって、中級程度の中国語の閲読能力を身につける。さらに原作である小説(張天翼作『宝葫芦的秘密』1958年)と比較することによって、中国の児童文学に対する理解を深める。