【前学期,1~2年,人文科学科,2単位,,共通講義棟1号館301室】哲学とはどんな学問なのか、これまで哲学はどのような問題に取り組んできたのか。哲学にまだ触れたことのない主に1~2年生を対象に、哲学という学問について紹介します。古代から現代に至る西洋哲学史の中で提唱されている重要な主張・考え方を取り上げ、それらがどのようなことを問題にしているのかを思想史的または現代的観点から解説します。
【前学期,1~4年,人文科学科,2単位,,文教育学部1号館307室】一口に倫理学といっても扱う内容は多岐にわたり、時代的にも地域的にも広がりがあります。この授業は、倫理学とはどのような学問なのかを具体的に示すことを目標とします。
【前学期,1~2年,人文科学科,2単位,,共通講義棟1号館304室】「○○活の文化史」をテーマに、日本史・西洋史・アジア史の教員がオムニバス方式の講義を行う。人生の節目となる儀礼・活動が各地域においてどのように行われたのか、その実体的側面と意識的側面の両面に着目する。具体的には現代でいう「成人式」「終活」等をテーマとして設定し、日本史・西洋史・アジア史の相互の事例を比較しながら、その歴史的な営みを総合的に解明する。講義の最終回には担当教員全員によるシンポジウムを予定している。
【後学期,1~2年,人文科学科,2単位,,共通講義棟1号館304室】度量衡をさだめ、時をはかり、人口・税をかぞえる――有形・無形を問わず、こうした計測する、数えるという営みは、古代から近現代まで、世界各地でなされてきました。
では、人々はなぜ計測し、どうやって数えたのでしょうか。そして、そこにはどのような意味が隠されているのでしょうか。
この授業では「ハカる、カゾエる」をテーマに、日本史・西洋史・イスラーム史の各教員が独自の視点からオムニバス式の講義を行います。
なお、最終回には担当教員全員によるシンポジウムを予定しています。
【前学期,1~2年,人文科学科,2単位,,文教育学部1号館302室】この講義では、学部1年生向けの環境学概論を想定しています。広く浅くやる予定です。環境関係の授業を受けたことがない人に向いています。環境問題を理解するためのアプローチ方法を学び、実践します。

授業では、教員の役割としては、学生が考えるきっかけとなる問題提起をします。学生自らが主体となって調べ、考えることを中心とした授業です。ですから、授業の前半は主に講義、授業の後半は簡単なグループワークを行います。
【後学期,1~2年,人文科学科,2単位,,共通講義棟2号館102室】人文地理学は、人間とその社会が、いかに空間や場所と関わり、それらを作り出し、またそれらによって影響を受けてきたかに関心を寄せ、こだわり続ける学問です。この授業では、ローカルな空間からグローバルな空間まで、私たちの生きる現代の世界がいかに構築されているのかを、具体的な現実をふまえて、理解することを目指します。
【前学期,1~2年,哲学・倫理学・美術史コース,2単位,,文教育学部1号館307室】入門的な基礎講義。美術史学は近年特に多様化しており、その方法論も多岐にわたります。
多様なアプローチの実際について、様々な研究を現在展開している現場の視点を紹介します。
視覚表象を入り口とした美術史学の多様な可能性について関心を広げてほしい。
【前集中,1~4年,人文科学科,2単位,,】 経済学は、一見とっつきにくい印象がありますが、実はそれほど難解なものではありません。幾つかの基本的な経済原則や言葉、判断の基準といったことをきちんと身につけることができれば、複雑な経済事象であっても、的確に理解したうえで他人にやさしく説明する、といったことができるようになります。
 「経済学通論Ⅰ」では、家計や企業など、個々の経済主体の行動を分析するいわゆる「ミクロ経済学」の分野を扱います。ミクロ経済学は、ともすると抽象的・非現実的に見られがちですが、実際にはモノやサービスを買う・売る・作るといった日常生活で間近に遭遇する経済取引の本質を取り扱う学問といえます。こうした市場経済の機能について、その基本となる考え方を体系的に身につけることがこの講義の目標になります。
【後学期,1~4年,人文科学科,2単位,,共通講義棟2号館101室】 経済学は、一見とっつきにくい印象がありますが、実はそれほど難解なものではありません。幾つかの基本的な経済原則や言葉、判断の基準といったことをきちんと身につけることができれば、複雑な経済事象であっても、的確に理解したうえで他人にやさしく説明する、といったことができるようになります。
 「経済学通論Ⅱ」では、経済全体の構造・活動に広い視点から着目するいわゆる「マクロ経済学」の分野を扱います。経済活動を決定している経済の構造や要因はどのようなものなのか、経済システムがうまく機能していないのであれば、実際に行われている経済政策をどのように再検討すべきなのか、といった課題が取り扱われます。受講生の皆さんが今後社会で出会う現実の問題について、正しく理解し、よりよい解決策を考えていくための基本的な考え方を身につけることが、本講義の目標です。