ページ: () 1 2 3 4 5
【4学期,Ⅰ~Ⅳ,全学科,1単位,火曜日 9- 10】
計算生物学では、ゲノム塩基配列データやタンパク質構造データ、遺伝子発現データをどのように扱うことで、新しい発見ができるかを講義します。毎回の授業のはじめに解くべき問題を提示し、その解き方を解説し、解いた結果得られる生命科学の知見を解説します。取り扱う問題は以下の通りです。ゲノム塩基配列からの遺伝子発見、アミノ酸配列の類似性検索、アラインメント、系統樹作成、タンパク質構造の記述と比較、タンパク質の構造変化など。物理化学や空間幾何学、統計検定、検索技術の基礎があれば授業の理解が容易になりますが、できるだけ授業時間内に基礎から説明するようにします。受講生諸君の理解を確かめるために、授業時間内に頻繁に質問をします。受講生諸君からの質問はいつでも受けます。
【後学期,Ⅰ~Ⅳ,b,2単位,金曜日 5- 6】
In this course, "Global Food Culture" is discussed mainly from the cultural anthropological points of view. All classes will be conducted in English.

Food culture is the fundamental part of our daily life and culture, although not many of us are well aware of that. Food is not only the means to obtain energy for survival, but the media that we participate in the society. The objective of this course is to reconsider what food means to us, comparing diverse global food culture.

Each class provides a lecture, watching motion pictures with English narration, class discussion and short writing assignments. Students can develop both their idea on the topic and multiple types of English ability to express that.

In the last several classes, students are required to make an oral presentation (approx. 15 minutes, by an individual or a group) on a topic related to food culture, and also a written exam is assigned to show their progress by taking the course.
【前集中,Ⅰ~Ⅳ,全学科,2単位,】
海外協定校で日本語を学ぶ日本語サマープログラム2016参加学生と共に学び活動します。協定校学生と本学学部学生による混成グループで一つのテーマを決めて、フィールドワーク、レポート作成、プレゼンテーションを行います。
海外からの学生と共に数週間にわたるプロジェクトワークを行うことで「やさしい日本語」を使った異文化接触を深く体験すると同時に、母語・母文化の再発見を目指します。
【前集中,Ⅰ~Ⅳ,全学科,2単位,】
http://www.ocha.ac.jp/intl/ocgl/others/2015_ThemeI.pdf
【前集中,Ⅰ~Ⅳ,全学科,2単位,】
Theme: Digging in Japanese Food Culture: What is 'authenticity' of traditional food?

最近世界中で日本食レストランが増えているが、アメリカのアレンジ寿司のように、本来の日本食の原型をほとんどとどめないものもある。その対策として、日本政府は、海外の日本食レストランに法定基準を設けようとしたり、外国人の日本食シェフに資格制度を設けようとしたりしているが、海外からは、食文化は変化していくのが当然なのだから、日本食だけ「型」を押し付けようとするのはおかしい、という批判の声も上がっている。「食文化の伝統を守る」とはどういうことなのか、日本以外の事例も見ながら、相対的に再考する。
【前集中,Ⅰ~Ⅳ,全学科,2単位,】
サブコース3 「創成-在るから成るへ」 ”Evolution in Natural Science - From Being to Becoming”
自然界には多様な形をした物質や生物が存在し、時間とともに変化します。その形(構造、集合体)の実体とその変化が何を意味するかについて、数学・物理学・化学・生物学・情報学などの理学的な学問が解き明かしてくれます。本講義では、様々なものが創成される時のサイエンスを、理学部の教員がオムニバス形式でそれぞれの研究分野の視点から英語で解説します。さらに、各専門分野での最新トピックスについても、わかりやすく紹介します。
Nature is filled with structurally diverse substances and living creatures, which are altered in a time-dependent manner. The physical nature of form (structure or assembly) and its change are figured out by the sciences, especially mathematics, physics, chemistry, biology and information science. The lectures examine and explain the evolution in natural science, and are given in English by teaching staff in the Faculty of Science. Each lecturer will present, in simple terms, the latest areas of interest in their own field of expertise. This will ensure an overall comprehensive approach.
【前集中,Ⅰ~Ⅳ,全学科,1単位,】
The purpose of English Camp is to provide participants with the opportunity to speak in English as much as possible in a natural setting。
【前集中,Ⅰ~Ⅳ,全学科,2単位,】
The aim of this class is to understand several aspects of Today's gender problem in a dynamic way. You can notice that how the contemporary societies, not only in Japan but also in the world, are constituted on the historical and structural location of gender. The working language is English (not so specific, but very normal leveled English), and thus you can brush up your language abbility by taking the class. The opportunites to exchange with the international students will be provided with you, too.
ページ: () 1 2 3 4 5