ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 ()
【後不定期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,】
日本中古文学の研究課題と研究手法について、受講者自身が課題を見出し解決する力量を得ることをめざします。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,火曜日 5- 6】
日本近代文学を学ぶための専門的知識と能力を養う。今年度は泉鏡花を取り上げる。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,火曜日 7- 8】
第二言語としての日本語の習得・教育、応用認知言語学に関する研究のあり方、論文の書き方を学び、自身の研究を進め、論文を執筆する。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,火曜日 5- 6】
各自の研究テーマに基づき、発表を行う。その後受講生によるピアレビューを行う。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,金曜日 3- 4】
倫理学の主要な文献を講読することを通じて、テクストを厳密に読解する手法を会得することが目標です。とり上げる文献は履修者の関心や希望をくんで決めます。会得した手法を論文作成に結びつけることも目指します。
【通年,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,月曜日 5- 8】
7世紀から12世紀にかけての日本古代史の諸問題について、各人がそれぞれの研究テーマに関する発表を順番に行い、参加者全員で討論する。
【前学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,火曜日 1- 2】
日本近世社会の特質を理解することをめざす。毎回、1人の報告者を決め、具体的な史料や論文を紹介してもらい、それをもとに全員で討論を行い、近世社会のありようについて考える。(今年度は前期開講はしない)
【通年,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,木曜日 7- 8】
文学理論に基づいた分析を行う。主に外国文学のテクストとの関連を追及する。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,木曜日 1- 2】
In this class, students will read scientific publication related to dance exercise which contain cultural significance. The aim of this class is that the students will realize the originality and social contribution of their own research comparing to other previous publications.
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,金曜日 7- 8】
SLA研究の範囲内で,個人の研究テーマに関する論文講読,研究計画,データ分析,結果の解釈,論文執筆などを行う。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,水曜日 3- 4】
この授業では、現代中国語の文法について、いくつかのテーマに絞って論文を精読し、中国語文法に対する理解を深める。具体的には、以下の四つの履修目標がある。①中国語学の論文を一つのテーマに絞って輪読することにより、そのテーマについての理解を深める。②論文を各自が担当して発表することにより、論文を読み込む力と他者へ分かりやすく説明する力を養う。③他の参加者の担当した論文と、自分の担当した論文の論点の違いを明らかにする作業を通して、先行研究を相対的に判断する力を養う。④学期末にそのテーマについてのレポートを作成・添削を受けることにより、論文の構成の仕方、先行研究のまとめ方、自分の主張の述べ方などを学ぶ。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,木曜日 7- 8】
中国近代文学の諸問題中国近代文学関係論文の講読を中心に行い、論文の構想、進捗状況の報告を行う
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,木曜日 7- 8】
『文選』所収詩篇の読解を通じて、古典詩文の研究方法を習得する。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,火曜日 9- 10】
オノレ・ド・バルザックの中編小説『サラジーヌ』(1830)を講読します。『サラジーヌ』の綿密な構造分析を行ったロラン・バルトの『S/Z』(1970)やこの作品を扱ったミシェル・セールの評論『両性具有』(1987)を参照しながら、文学作品の読解の多様性と可能性について考えます。
使用テキスト:Balzac, Sarrasine, coll.
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,月曜日 7- 8】
19世紀初頭のブリテンにおける、ナショナル・アイデンティティーの問題を、ドメスティシティの問題と絡めて検討する。小説を精読し分析を高めることで、テーマに沿って問題意識を掘り下げ考察することを目指す。
【通年,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,水曜日 1- 2】
英語圏の表象文化について、作品分析を中心に演習を行う。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,金曜日 5- 6】
クィア演劇・パフォーマンスに関する戯曲等作品テクストを読み、考察する。併せて理論を紹介し、現代演劇の諸問題について考える。各々の問題意識をもとに学会発表および学術雑誌投稿論文執筆を前提に、発表、合評、論文執筆を行う。
【後学期,Ⅰ~Ⅲ,大学院後期,2単位,火曜日 9- 10】
The purpose of this class is to explore aspects of classroom management in relation to second and foreign language education. Classroom management practices in both formal and informal language
education settings have deep sociocultural and sociopolitical roots that shape language learning and language teaching. Various ways to manage classrooms will be discussed in relation to applied linguistics EFL theories.
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 ()