ページ: 1 2 3 ()
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:生活工学に関わる工学および家政学分野の学問領域の有機的な統合をはかり、広い視野にたち、人間生活における諸問題について、研究を踏まえゼミナール形式で考察する。学術誌や専門書を主な題材として輪読と討論を行うことで、最先端の知識を習得し、高度な専門性を身につける。担当者は受講する学生の主指導教員・副指導教員を中心とした3名以上とする。
授業の概要:生活工学に関わる工学および家政学分野の学問領域の有機的な統合をはかり、広い視野にたち、人間生活における諸問題についてゼミナール形式で学習する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:今後の社会においては、科学技術にライフスタイルを合わせるのではなく、ライフスタイルに合わせた生活工学的視点の科学技術の創造が求められる。そこでは、安心・安全で豊かな未来の社会・生活を創造すべく、生活に関連する諸課題を生活者の視点に立ち、工学的手法に基づき解決できる能力が求められる。本講義では、生活工学分野における諸課題に関しゼミナール形式で考察する。
授業の概要:雑誌論文を主な題材として、担当者と輪読・討論することで、最先端の知識を習得するとともに、生活工学研究を進める際の考え方を身につける。担当者は受講学生の主指導教員・副指導教員を中心とした3名以上とする。
【前集中,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:生活工学に関わる工学および家政学分野の学問領域の有機的な統合をはかり、広い視野にたち、人間生活における諸問題について、研究を踏まえゼミナール形式で考察する。学術誌や専門書を主な題材として輪読と討論を行うことで、最先端の知識を習得し、高度な専門性を身につける。担当者は受講する学生の主指導教員・副指導教員を中心とした3名以上とする。
授業の概要:生活工学に関わる工学および家政学分野の学問領域の有機的な統合をはかり、広い視野にたち、人間生活における諸問題についてゼミナール形式で学習する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【後集中,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:生活工学関連の各研究分野(主に、人間工学,情報工学,材料)において、大学や企業、研究機関にて行われている研究内容を理解する。また、各分野における課題解決手法・評価手法についても学ぶ。
授業の概要:生活工学に関わる最新の話題に関し、担当教員が講義するとともに、大学や企業、研究機関等の研究者等による研究事例紹介を通じて学ぶ。博士論文として研究内容を完成させるための観点から講義をうけ理解する。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:大学や企業で行われている生活工学関連分野の研究内容について、「いのちを守るデザイン」の観点から実践的に理解を深める。
授業の概要:大学や企業等の最先端の研究者等による講義に止まらず、各教員の与える課題に取り組むことで自身の研究テーマとの結びつきを発見し、生活工学の観点から討論を行う。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:生活工学関連の各研究分野(主に,環境工学,建築学)において、大学や企業、研究機関にて行われている研究内容を理解する。また、各分野における課題解決手法・評価手法についても学ぶ。
授業の概要:生活工学に関わる最新の話題に関し、担当教員が講義するとともに、大学や企業、研究機関等の研究者等による研究事例紹介を通じて理解する。博士論文として研究内容を完成させるための観点を学ぶ。
【前集中,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:生活工学分野の研究者にとっての倫理の必要性および重要性を理解し、研究者倫理の基本的な考え方を学ぶ。倫理的問題に遭遇した場合に研究者として取るべき行動についてみずから考える。
授業の概要:専門的な知識や技能と同様に、倫理は専門職としての研究者にとって不可欠な基盤の一つである。そこで本講義では、具体的な事例を交えながら、研究者として研究活動を行う上で必要な研究者倫理について学ぶ。また,ケーススタディを通じて倫理的問題への対応方法について理解する。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:学術データの改竄・捏造や企業の不祥事が報道されない日はない。世の中が専門化するとともに複雑化し、俯瞰的に物事が見られなくなるとともに倫理観も損なわれていく。結果的に引き起こされる様々な問題に対処すべく、各種の法律が整備されてきた。本講義では、様々な法律や事例をとりあげながら、誇り高い社会人、研究者・技術者にふさわしい倫理観を涵養する。 
授業の概要:博士前期課程の技術者倫理では問題を理解するための基礎知識の取得に取り組んだが、本講義はその発展として関連する各種法律を概観し、技術者倫理との関連性について事例に基づき理解を深める。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【後集中,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,1単位,】
授業の到達目標:
・生活工学分野の研究成果と知的財産権の関連について理解する。
・特許情報を研究に活用する方法を理解する。
授業の概要:
生活工学諸分野における研究開発と知的財産管理・活用の結びつきについて理解する。また、情報検索・分析によって、研究推進のために特許情報を活用する方法を学ぶ。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:固体高分解能NMRによって繊維素材の詳細な高次構造を測定する方法を理解し、化学シフトの理論計算を併用した高次構造解析法を理解すると共に、高次構造および分子運動性と物性との関係を理解する。
授業の概要:繊維素材の力学特性、熱特性、吸水性等の諸物性は繊維の高次構造に大きく依存する。固体高分解能NMR測定により得られる化学シフトだけでなく、量子化学計算(理論計算)により得られる化学シフトの情報を併用する事によりさらに詳細な高次構造に関する情報を引き出す事ができる。また、磁気緩和時間測定から得られた分子運動性の情報が得られる事から、磁気緩和時間の情報を基に、化学シフトの理論計算を併用した高分子鎖の詳細な高次構造の解析方法を講述する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html

授業の到達目標:繊維素材の構造や分子運動性等について、分子レベルで理解する。

授業の概要:繊維素材に関する国内外の研究論文を講読し、その内容について議論、討論を行う。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:
様々な種類の繊維素材の性質と構造について理解するため繊維素材への様々な種類の測定法とその性質・性能を理解する。また、構造分析について使用した分析法および統計的データ処理法であるケモメトリックスを用いて総合的に繊維の特性を理解する。
授業の概要:繊維素材の表面および表層における化学状態や形状は素材の特性に大きく反映する。その繊維となりうる様々な高分子表面の微細形状、官能基の分布状態等について主に表面分析法から得られるデータから組織的、理論的にナノ領域での繊維構造ならびに生じる現象について講述、議論する。また、統計的データ処理法を学ぶ事によりより深いデータのインタープリテーションの技能を修得する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:
 近年の文献より様々な種類の繊維素材についての知識を得た上で様々な構造解析分析手法によって得られる情報について理解する。有用な文献の見つけ方および読解能力を身に着ける。
授業の概要:繊維素材の特性及び構造を議論している主な文献から、その評価法となる分析法のデータ解釈力及びその繊維構造について理解を深め、その有用性に関して討論する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:
様々な生体材料の物性、また水との相互作用など、生体と関わる際に重要となる物性について分子レベルでの理解を目指す。
授業の概要:
今日医療や介護、またヘルスケアの分野において用いられている生体材料について概説する。治癒を促進するもの、人間が本来もつ自然治癒力を補助するもの、生体機能を代替するもの、外部の刺激から生体を守るものなど、生体材料の役割・作用は多岐に渡っていることを講述、議論する。

本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:
各分野において用いられている生体材料に関する最新の学術論文を講読し、新規生体材料の物性とその機能との関わりについて分子レベルで理解することを目的とする。
授業の概要:
新規生体材料の原料、合成・調整法、また評価・解析法について深く学び、各分野の背景をふまえた上で得られた結果について客観的に考察する。そして新規生体材料の有用性、発展性、さらに問題点、改善点についての討論を行う。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:生活工学の視点から高分子機能材料の機能発現機構を理解する。
授業の概要:衣住環境に関連する高分子機能材料について学ぶ。高分子材料の機能化に関わる基礎的な物理化学的事項について、概説と、いくつかの新しい機能材料についてのトピックを通じて理解する。高分子中の低分子の収着拡散現象、静電相互作用、疎水性相互作用、反応場としての高分子などを考える。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:最新の機能材料を知るとともに、生活工学の視点から文献を読みこなす力を養う。
授業の概要:衣住環境に関連する高分子機能材料の実際を演習を通して見ていく。最新の機能材料に関する文献を選び、それに基づき内容を理解する。機能材料の機能発現機構を理解するとともに、機能材料設計の考え方を身につける。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:衣服を制作する生活工学的視点を持つことを到達目標とする。
授業の概要:衣服の製造や機能に関わる先端の工学について知る。高機能繊維材料、衣服の衣内気候や運動適合性の最適化、衣服のデザインや感性的側面への生活工学的アプローチなどについて理解する。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:最新の衣服製造に関わる技術を知るとともに文献を読みこなす力を養う。
授業の概要:衣服製造に関わる技術に関して、文献輪講などを行い、最新の技術動向を知る。また衣服に対して現在ある社会的なニーズを調べ、それらに対する生活工学的視点からの対応を考える。具体例としては、高齢化社会に向けての衣服設計など。
【未定,Ⅰ~Ⅲ,生活工学,2単位,】
授業の到達目標:人間情報学は、人間とそれをとりまく環境から発せられるあらゆる情報を対象とする新しい学問であり、センシングからサービスサイエンスまで幅広い情報の学際融合による高度利用と社会応用を目的とする点で、生活工学や生活産業情報処理と極めて親和性が高い。本講義では、文献の輪読と質疑応答を中心に、こうした人間情報学の考え方を理解する。
授業の概要: 最新論文及び学会誌等に掲載された専門解説記事を毎回一つとりあげ、その技術背景や研究手法、成果などについて教員が解説しつつ、参加者全員で議論と理解を深めるインタラクティブ授業である。事前に論文や記事は指定・配布されるので予習を行い、授業中質疑応答に積極的に参加し、授業後それぞれが毎回のテーマについてまとめたレポートを提出する形式で理解の深化をはかる。


本講義は奈良女子大学で開講されるため
以下の奈良女子大学のシラバスを参照してください。
http://koto.nara-wu.ac.jp/kym2003/syllabussearch.html
ページ: 1 2 3 ()